電気シェーバーでワキ脱毛の詳細

> 電気シェーバーでワキ脱毛

電気シェーバーでワキ脱毛

女性がムダ毛処理を行っている部位のダントツ1位が脇。

そのムダ毛処理方法としてカミソリがダントツの1位ですが、2位以下は部位によってまちまちであることが分かりました。ワキの処理について見ると、他の部位に比べて電気シェーバー派の人が少ないようです。今回は電気シェーバーでのワキ処理について報告します。

電気シェーバーとは

電気シェーバーと聞くと、男性用のヒゲ剃りが真っ先に思い浮かぶと思いますが、ムダ毛処理にも女性用の電気シェーバーが使用されます。

カミソリだと直接肌に刃が接触するため、確実に毛を剃れる技術があれば角質除去もできるといったメリットがあります。

一方で色素沈着を起こし、肌に黒ずみができてしまうことがあります。また肌を傷つけてしまったりカミソリ負けしたりするなど、肌トラブルが起こるリスクもあります。

ワキのように目で確認しながらの処理がしづらい部位へ使用する場合は、特に細心の注意が必要で、きれいに処理するのが難しいこともあります。

電気シェーバーの場合、大抵の商品に「内刃」と「外刃」と呼ばれる2つの刃が備わっています。肌に当たるのは外刃で、別名「網刃」とも言われる通り、網状の部品になっています。

その内側で内刃が振動して、外刃と交差し、無駄毛を切り落とす仕組みになっています。

肌に当たるのが鋭利な刃ではないので、傷をつけるリスクが小さくなっているのが特徴です。電気シェーバーの方が肌に優しいと言われるのはこのためです。シェーバーによってはボディ用以外にもフェイス専用の商品があることもあります。

電気シェーバーの使い方

電気シェーバーを分類すると、お風呂でも使用できる防水タイプと、防水でないタイプとに分かれます。自分のライフスタイルで、ワキのお手入れをどのような時に行うかで選ぶと良いでしょう。

使い方は商品によって異なるため、取扱説明書に沿う必要がありますが、ここではパナソニックの人気シェーバー「サラシェ」を例にとって説明します。お風呂でも使用できる防水タイプです。

本体の準備

電源方式は乾電池式か充電式かなど商品により異なりますが、使う時に電池が切れていた!ということがないようにしておきましょう。

お肌の準備

乾いた肌に行う場合でも、濡れた肌に行う場合でも、共通して準備したいのが「肌の滑りを良くするケア」です。肌の滑りがよくなることで、剃り残しが少なく、より短く剃ることができます。

乾いた状態で剃る場合は、汗をよく拭きとり、ベビーパウダーなどを使用すると良いでしょう。

お風呂場など濡れた状態で処理する場合は、よく泡立てた石鹸を使用します。商品によりますが、サラシェの場合、目詰まりを防ぐためにも、シェービングクリームや乳液は使用しない方がよいとのことです。

剃る

外刃を肌の表面にぴったり浮かせないように当て、ゆっくり、なでるように動かします。

ワキは皮膚が寄っていますので、しっかりと腕を上げ、皮膚が伸びるような姿勢を保ちます。

電気シェーバーは毛の流れに逆らうようにするのが良いとされています。しかしワキの場合は脚や腕などの部分と異なり毛の向きが一方向ではないので、シェーバーを持ち替えながら色々な方向から剃ります。

深く剃るために強く押し付けたくなるかもしれませんが、それはかえって逆効果です。毛の導入が悪くなり、剃り残すだけでなく、肌を傷つける原因にもなります。

ぴったり、かつ優しく当てましょう。

処理後のお肌のお手入れ

シェービング後の肌は乾燥しやすい状態です。理想的なのは、冷たいタオルなどで処理した場所を冷やしてやることで、毛穴を引き締めます。

その後、肌の保湿をするために、いつも使用している化粧水やボディローションなどを使ってボディケアをします。

使用後のシェーバーのお手入れ

シェーバーはお手入れの仕方で刃の寿命が変わってきます。きれいな処理を長続きさせるためにも、終わった後のお手入れを忘れずにしましょう。

ヘッド部分ははずしてブラシで毛カスを取り除きます。防水の有無を確認し、水洗いできる製品の場合は汚れを洗い流します。

掃除の後は、外刃にシェーバー用のオイルを1−2滴たらして少しだけ動かして浸透させます。これをきちんとしないと、刃が摩耗して剃り味が悪くなったり、バッテリー消耗が早まったりするそうです。

電気シェーバーでワキ脱毛をするメリット

電気シェーバーでワキ毛処理をする最大のメリットは、自己処理で行える除毛方法の中でも、肌へのダメージが少ないという点が挙げられるでしょう。

先に説明した通り、カミソリ処理の場合は、肌に直接刃が当たるため、どうしても傷つけてしまう可能性があります。

アトピー肌や敏感肌の場合でも、電動シェーバーなら比較的ダメージが少ないので、他の自己処理方法がだめだった方も、試してみる価値はあると思います。

また最新の機種には、角質ケアを同時に行える機種もあるので、こういう美肌効果も期待できます。

電気シェーバーでワキ脱毛をするデメリット

価格の面を考えると、当然ながらカミソリよりは高い価格となります。しかし1,000円台で購入できるものもありますので、これはパフォーマンスとの兼ね合いで高いと考えるか、安いと考えるか分かれるところでしょう。

仕上がりは、毛の濃さ・太さなどによって評価が分かれるところですが、濃い・太い人の場合は、ポツポツが見えてしまったり、青っぽくなってしまったりという場合もあります。

これはシェービングという処理方法の特性上、ある程度はやむを得ないでしょう。また毛の伸びが早い人は頻繁にお手入れをする必要があります。

また機種により、動作音が大きいという口コミもあります。夜間に処理をしたい人は気を付ける必要があります。

電気シェーバーでワキ脱毛にかかる時間

処理にかかる時間はワキ毛の濃さで左右されますが、両脇10分程度で処理が可能です(前後のケアを除く)。

逆に言えば、何度も同じところにシェーバーを当てて時間がかかるような処理方法は、肌に負担がかかりますので、これくらいの時間内で終わるようにしましょう。

ワキ脱毛におすすめの電気シェーバー

商品名 パナソニック サラシェ 全身シェーバー
価格 オープン価格(Amazonで1,618円/2017年6月21日現在)
ポイント 何といっても価格の安さ。初めてシェーバーを使う方がお試しするのにぴったりでしょう。石けんを使ってのシェービングができるので、ワキのお手入れにはお風呂で使用するのがお勧めです。

他の自己処理方法と電気シェーバーを比較

いくつかの自己処理方法のメリットとデメリットをまとめました。

脱毛方法 価格 メリット デメリット
電気シェーバー 肌に優しい
入浴しながら処理できる
黒く残り、早く生える
音が大きい
カミソリ 手軽 肌に負担がかかる
早く生える
除毛クリーム 肌に優しいものもある
仕上がりがきれいで、生えてくる時もチクチクしない
肌に合わない場合もある
匂いが強い
毛抜き 抜いた直後はツルツル 痛い
時間がかかる
埋没毛になることがある
脱毛器具 × 脱毛効果が長持ちする 商品により評価がまちまち
処理に時間がかかる

脱毛サロンと電気シェーバーのどっちがいい?

脱毛サロンと電気シェーバーの違いは「家でお手軽にできるか」「長持ちするか」という2点に集約されます。最近のエステサロンでは、1000円程度のキャンペーン価格でワキ脱毛の施術を提供してくれるところもありますが、このような店は都市部に限られ、手軽に通える人ばかりではないでしょう。

また感じ方には個人差がありますが、サロンの光脱毛では施術時に痛みが感じられます。敏感肌の方や痛みに弱い方は注意が必要です。

電気シェーバーを含む、セルフケアの最大のメリットは、例えば「明日ノースリーブを着たい」と思い立った時に、すぐにお手入れができること。

逆にスポーツをしていたり、ファッションのために常に肌を露出したりする機会のある人にとっては、脱毛サロンに代表される効果の長い脱毛方式でケアをした方がいいと言えるでしょう。

この調査内容の総括

男性の電気シェーバーは高級機種が多いようですが、女性のものは意外にお手軽な価格帯のものもあります。一度試しに購入し、急なお手入れが必要になった際に備えてもいいですね。