脇毛の永久脱毛の詳細

> 脇毛の永久脱毛

脇毛の永久脱毛

少し前まで、一部の特別な人だけが受けるイメージがあった永久脱毛。しかし、ここ数年の間で、学生さんやOLさんから子育てがひと段落したママまで、あらゆる層の人たちが気軽に受けられるとても身近なものになりました。

なかでも「脇脱毛」は、永久脱毛の中でも最もポピュラーなもの。永久脱毛をする際、多くの方が一番はじめに行う部位でもあります。

そこで今回は、脇毛の永久脱毛について、その方法やどれくらいの期間や料金がかかるのか、またエステ脱毛とクリニックの脱毛の違いなどについて調べていきたいと思います。

脇毛の永久脱毛をする方法

脇毛の永久脱毛には、大きく分けて4つの方法があります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

光脱毛(フラッシュ脱毛)

毛の黒い色素(メラニン)に光を当て、毛母細胞や毛乳頭にダメージを与えて、毛が生えにくくする方法です。痛みが少なく比較的安価で始められるため、現在最も人気がある脱毛方法の1つです。施術前には自宅で剃毛していくのが一般的です。エステサロンで受けることができます。

レーザー脱毛

メラニン色素だけに反応するレーザーを当て、毛乳頭を破壊する方法です。光脱毛に比べ、マシンの照射力が高く短期間で脱毛が完了します。

ゴムでパチンとはじかれるような痛みを感じることが多いようです。光脱毛と並び、現在の永久脱毛の主流とも言える方法です。レーザー脱毛は医療行為になるため、美容クリニックや皮膚科などの医療機関でのみ受けることができます。

※参考⇒ 医療レーザー脱毛でワキ脱毛

ニードル脱毛(電気脱毛)

10数年ほど前までは割とポピュラーだったニードル脱毛。専用の針(ニードル)を、直接毛穴に刺し、毛根に電流を流してダメージを与える方法です。

剛毛でも産毛でも白髪でもどんな毛質の脱毛も行うことができるというメリットがある一方、脱毛部分の全ての毛穴に対しひとつひとつ施術を行うため、毛量が多いほど時間がかかるという欠点もあります。また、光脱毛やレーザー脱毛に比べ痛みが強いのも特徴です。

施術前は、毛穴や毛の流れがよく分かるように毛を2〜3o残しておく必要があります。エステサロンや医療機関で受けられます。

家庭用脱毛器

エステ脱毛と同じ仕組みで光脱毛が行える手のひらサイズの家庭用マシンです。照射範囲や出力が調整できるものもあり、自宅で手軽に脱毛をすることができます。人気の「ケノン」は通販サイトなどで60,000〜70,000円で購入できます。

以上のような4つの方法がありますが、このなかで、現在最も手軽に行えて効果が期待できるのは、エステの光脱毛とクリニックのレーザー脱毛です。

エステの脱毛は永久脱毛ではない?

現在、脇毛の永久脱毛ができる場所としてポピュラーな「エステサロン」や「クリニック」ですが、厳密に言えば、エステサロンでは永久脱毛をすることはできません。

永久脱毛とは、毛乳頭(毛根の先端部分)や毛母細胞(毛乳頭の周辺細胞)にレーザーの強い光を当てて破壊し、毛の再生をできなくするというものです。

しかし日本では、医師以外が毛乳頭などを破壊する行為はしてはいけないことになっているため、エステサロンで行っているのは、細胞を破壊しない程度の照射出力で行う除毛や減毛になります。

「じゃあ、エステサロンで脱毛してもまた毛が生えてくるってこと?」と思ってしまいますよね。

確かに、エステサロンの光脱毛では、毛母細胞を破壊できないため、完全に毛をなくすことができるとは言い切れません。

ただ実際には、脱毛後数年経っても毛は生えてこない、生えてきたとしてもたまに2〜3本の産毛程度という方が大多数です。

厳密には永久脱毛と呼ぶことはできないのですが、自己処理とは異なり、ほとんど毛が生えない状態になるという意味で、エステサロンも永久脱毛というくくりでお話ししていきたいと思います。

脇毛の永久脱毛をするメリット

脇毛の永久脱毛をすることは、女性にとって良いことだらけです。具体的にどんなメリットがあるのか見ていきましょう。

◎ワキ毛が気にならなくなると好きなファッションが楽しめるようになる
◎ムダ毛処理の手間やストレスから半永久的に開放される
◎電車のつり革を自信をもってつかめるようになる
◎カミソリ処理を繰り返すことによる炎症や黒ずみ、色素沈着などの肌ダメージがなくなる
◎毛抜き処理が原因で起こる毛嚢炎や埋没毛の心配がなくなる
◎脇毛がなくなることで、脇汗が乾きやすくなるため雑菌が繁殖しにくくなり清潔になる
◎急なお泊まりの際にも慌てずに済む
◎一時的には費用がかかるが、長い目で見れば脱毛にかかるお金は安く済む

脇毛の永久脱毛をするデメリット

脇毛の永久脱毛をすること自体のデメリットは見当たりませんが、脱毛が完了するまでの間は、いくつか不便なことや気をつけなければいけないことがあります。

1回の施術では脱毛ができない

脱毛サロンやクリニックでの施術は、1回で終了するわけではありません。毛周期に合わせて複数回に分け、数ヶ月〜数年間通う必要があります。

日焼けはNG

そして、ここは意外と見落としがちなのですが、光脱毛やレーザー脱毛を受けている間は日焼け厳禁です。

脱毛の際のレーザーや光はメラニン色素に反応するため、日焼けした肌に照射するとヤケドの原因になってしまいます。そのため、脱毛エステやクリニックに通っている間、特に夏場は日焼けに注意しなければなりません。

ただし、脇の下は海などでよほど意識的に焼かない限り日焼けする部分ではないため、それほど神経質になる必要はありません。

ワキ汗が多くなったと感じることがある

時々、「永久脱毛をしたら脇汗が増えた」という口コミを見かけますが、これは事実ではありません。脇毛がなくなることで、脇汗を肌にダイレクトに感じるようになり、増えたような感じがするというだけです。脱毛が汗腺に影響を及ぼすことはありません。

※参考⇒ エステサロンの脇脱毛でワキガになる?治る?二つの噂のどちらが正しいのか?

脇毛の永久脱毛にかかる期間と回数

脇毛の永久脱毛にかかる期間や回数は、エステサロンで受けるかクリニックで受けるかによって、かなり違いが出てきます。

毛には、大きく分けて「成長期」「退行期」「休止期」という毛周期があり、脱毛の効果があるのは成長期の毛のみです。エステ脱毛もレーザー脱毛も、毛周期に合わせて施術を行うという点では同じです。

では何が違うかと言えば、マシンの照射パワーが全く違います。

エステサロンでは、医療行為になるような照射力の強いマシンは使用できないため、クリニックに比べて1回1回の脱毛効果は弱くなってしまいます。

そのため、ムダ毛が気にならない状態になるまでは、レーザー脱毛に比べて2〜3倍ほど期間や回数が余計にかかってしまいます。

脇毛の脱毛が完了するまでの期間と回数の比較

  施術回数 施術頻度 完了までの期間
エステサロン 12〜15回 2〜4ヶ月ごと 2〜4年
クリニック 5〜6回 2〜3ヶ月ごと 1年〜1年半

脇毛の永久脱毛にかかる料金

エステサロンは安く、医療レーザーは高いといったイメージを持っている方が多いかもしれませんが、実際のところはどうなのでしょうか。

エステなら回数・期間無制限で数百円というところも!

テレビCMや雑誌でおなじみのエステサロン「ミュゼプラチナム」は、キャンペーンによって内容が異なりますが、100〜500円といった破格の料金でワキ脱毛を受けることができます。

さらに、ミュゼのすごいところは回数や期間が無制限だということ。追加料金を払うことなく、納得いくまで何度でも通うことができます。

エステ脱毛には、こういった数百円〜千円ほどの脱毛コースが少なくありません。

エステの脇脱毛コース料金表

サロン名 コース内容 料金
ミュゼプラチナム 両ワキ+Vライン通い放題+腕+脚+背中 500円
ジェイエステティック 両ワキ12回+選べる部位2回 300円
エピレ 両ワキ6回 500円
ル・ソニア 両ワキ1年間5回 1,080円

クリニックは数千円〜2万円ほどで永久脱毛が完了

今のところ数百円でワキ脱毛を受けられるクリニックはありません。一部、数千円で回数無制限といった、一昔前のクリニックでは考えられないような安い料金でコースを受けられるところもありますが、一般的には、5〜6回コースが1万〜2万円ほどとエステに比べると高い印象です。

ただし、脇毛の永久脱毛にかかる期間と回数でもお話したように、クリニックはほとんどの場合5〜6回で脱毛が完了するため、この金額の他に追加料金がかかることは、あまりありません。

クリニックの脇脱毛コース料金表

クリニック名 コース料金
アリシアクリニック 5回13,750円/8回19,800円/脱毛し放題26,400円
湘南美容外科クリニック 回数無制限3,400円
渋谷美容外科クリニック 5回で8,000円
KM新宿クリニック 5回10,000円
フェミークリニック 5回15,000円
リゼクリニック 5回18,800円

回数や期間の制限があるエステサロンは注意が必要!

注意したいのは、回数や期間があらかじめ決められているエステ脱毛です。エステサロンでのワキ脱毛が完了するまでは、最低でも12回ほどは通わなければいけません。つまり、5回コースでは、コース内で自己処理いらずの仕上がりになることは難しいのです。

コース終了後に追加の施術を受けるとなると、さらに料金がかかってしまうため、トータルで考えるとレーザー脱毛より高くなってしまうこともあります。

脇毛の永久脱毛をするならサロンとクリニックどちらがいい?

サロンの光脱毛もクリニックのレーザー脱毛もどちらにもメリット・デメリットがありますが、総合的に考えてオススメなのは、クリニックのレーザー脱毛です。

レーザー脱毛のメリット

@脱毛が完了するまでの期間が短い
A基本コースで脱毛が完了するため、追加料金がかかる可能性が少ない
B肌トラブルなどがあった際もすぐに医師に対応してもらえるため安心感がある

痛み対策をしているクリニックも

レーザー脱毛はエステサロンの光脱毛に比べ、痛みがあることを心配している方もいます。しかし、最近はレーザー脱毛の痛みを取り除くための対策を行っているクリニックもたくさんあります。

例えば、「笑気ガス」は、歯科医でも使用されている鼻から吸い込むタイプの麻酔で、眠気を感じたり気持ちをリラックスさせたりすることで痛みを感じにくくします。痛みを抑えたい部分の肌表面に直接塗る「麻酔クリーム」もあります。

さらに、痛み自体をほとんど感じない「ソプラノアイスプラチナム」や「メディオスターNeXT PRO」といった脱毛機器を使用しているクリニックもあります。

ワキは範囲が狭いため、施術自体は3分ほどで終わります。また、個人差はありますが、一般的には、回数を重ね毛が細くなるほどに痛みは少なくなってきます。

できるだけ短期間で安全に永久脱毛したいなら、クリニックがおすすめです。

脇毛の永久脱毛におすすめのサロンやクリニック

湘南美容外科クリニック

ワキ脱毛が、回数無制限で3,400円で受けられる湘南美容外科クリニック。医療機関でこれほどの安い料金設定をしているところは他にありません。

使用しているのは、「アレキサンドライトレーザー」という医療クリニックでは最もポピュラーなマシンの1つ。ジェルを使わずにマイナス25℃の冷却ガスを当てながら脱毛するため、痛みを感じにくいのが特徴です。

東京・大阪を中心に全国57院を展開しています。

アリシアクリニック

“医療レーザーなのに痛くない”、“1〜2回で目に見えて毛が減った”と口コミの評判も良いアリシアクリニック。ワキ脱毛は5回コースが13,500円で受けられます。

使用しているのは、最も痛みを感じにくいマシンの1つである「ライトシェアデュエット」。照射時間が短く肌への負担も少ないため、敏感肌の方でも施術が可能です。

関東に12院を展開するアリシアクリニックは、店舗間の移動が自由にできます。

ミュゼプラチナム

エステサロンの中でおすすめなのは、なんといっても回数無制限で数百円という、信じられないような料金で施術が受けられるミュゼプラチナム。

医療レーザー脱毛に比べて期間はかかりますが、それほど脱毛を急いでいない方、徐々にお手入れが楽になれば良いという方にはピッタリのサロンです。

北海道から沖縄まで全国172店舗を展開しており、店舗間の移動は自由です。平日は会社近くの店舗に、休日は自宅の最寄り駅の店舗にといった具合に、あなたの都合に合わせて通うことができます。

まとめ

以上、脇毛の永久脱毛についてご説明してきましたがいかがでしたか。

ワキ脱毛をした方が口をそろえて言うのは、“なんでもっと早くやらなかったんだろう”ということ。毎日毎日、毛抜きやカミソリで処理したり、うっかり処理を忘れてしまった日は1日中なんだかさえない気分になったり…そんなことが全くなくなる生活を想像してみて下さい。

数年後の“そういえば脇毛ってなんだっけ?”と思える日を目指して、あなたも今すぐ脇毛の永久脱毛を初めてみませんか?