光脱毛でワキ脱毛の詳細

> 光脱毛でワキ脱毛

光脱毛でワキ脱毛

光脱毛とは

光脱毛は、エステサロンや家庭用脱毛器で多く使われる脱毛方法です。その内容は、黒色(メラニン色素)に反応する複数の波長を含んだ光を、目的の部位の広範囲に照射することにより毛根にある毛乳頭や毛母細胞にダメージを与え、毛の成長を抑制するというものです。

光脱毛は資格がなくても施術できるので多くのエステサロンで採用されています。

美容クリニックで行うレーザー脱毛は医療機関で医師により脱毛が行われますが、医師が常駐しないエステサロンではレーザー脱毛のような毛根を破壊する医療行為は禁止されています。光脱毛の効果は「減毛」や「不再生脱毛」として表現されます。

毛周期に合わせて2〜3か月に一度施術し、施術後1〜2週間で自然と生えていたムダ毛が抜け落ちていきます。これをしばらく繰り返すことで、自己処理のいらないきれいな肌を手に入れられる、ということです。

光脱毛は、クリニックで行われるレーザー脱毛と混同されやすいですが、実際にはいくつか違いがあります。チェックしてみましょう。

脱毛方式 光脱毛 医療レーザー脱毛
仕組み 異なる波長の光を広範囲に照射 単一の波長の光を集中的にあて、熱を集める
効果 減毛・抑毛・不再生脱毛(医療行為ではないので毛根を破壊する「脱毛」を謳えない) 永久脱毛
出力 弱い 強い
施術できる人 誰でも可能 有資格者(医師など)のみ
必要期間 3年程度 1〜2年
費用 安め 高い

ここではエステサロンでの光脱毛とクリニックでのレーザー脱毛を比べましたが、家庭用脱毛器の光脱毛の場合、どんな方にも扱えるようにさらに出力は弱くなっています。そのため施術完了までの回数はもう少し多くなります。

光脱毛の使い方

ここでは家庭用脱毛器の使い方をご紹介します。

事前準備)使用する2〜3日前に脱毛したい部分をカミソリで剃っておく
1)脱毛部位を冷たいタオルや、タオルを巻いた保冷材でしっかりと冷やす
2)説明書の記載に従って、脱毛器の光を順番に当てていく
3)必要に応じて出力を調整する
4)施術後、再度冷たいタオルや保冷材でしっかりとクールダウンする
5)保湿ジェルやクリームで肌を保湿する

気を付けること

・日焼けした肌や、ホクロ、あざの部分は火傷のリスクがあるので施術を避けましょう。
・広い範囲の場合、マジックやマスキングテープでマーキングしておくと施術漏れを防げます。
・出力を高めたからといって効果が上がるわけではないので適切な強さで施術しましょう。
・施術当日は飲酒や入浴を避けましょう。(軽いシャワーはOK)
・施術中や施術後に赤みやヒリヒリ感があるようなら皮膚科を受診して治療してください。

光脱毛でワキ脱毛をするメリット

きれいな仕上がり

光脱毛は光によって毛根にダメージを加え、自然と毛が抜け落ちる脱毛方法です。自己処理の場合は肌に負担が大きくかかるため、カミソリ負けや埋没毛といった肌トラブルが起こるリスクも高いのですが、光脱毛の場合はその危険性が少ないのが特徴です。チクチクすることもなく、見た目も触り心地も良いのがうれしいところです。

痛みが少ない

除毛や剃毛と違って脱毛の場合、多少なりとも痛みを伴う施術がほとんどです。光脱毛はレーザー脱毛よりも出力が弱いため、施術中の痛みが少ないとされています。また、毛抜きやワックスに比べても痛みの少ない脱毛といえるでしょう。口コミなどを見ていると、光脱毛の痛みは「輪ゴムで弾いたような痛さ」と表現されています。毛量や毛質、濃さによって個人差はありますが、我慢できないほどの痛みではなかったと感じる方がほとんどのようです。

広い範囲で施術できるのでスムーズ

レーザー脱毛は小さい範囲に集中して光を当てますが、光脱毛は広い範囲を一度に照射します。脚や背中といった広い部位も比較的スムーズに進められます。

比較的安い

サロンへ通う場合はサロンの費用、自宅でする場合は家庭用脱毛器の購入費用が必要になります。どちらも決して安いものではありませんが、医療用レーザー脱毛に比べるとかなり安い設定になっています。家庭用脱毛器の場合は一度商品の料金を支払えば満足いくまで施術が自分で出来るというメリットもあります。

美肌効果も

光脱毛をすると、毛穴が引き締まりキメが細かくなるともいわれています。また、施術後にもしっかりと保湿をすることになるので、脱毛だけでなく肌自体にもツルツルな高い美肌効果が期待できます。

家庭用脱毛器ならいつでもできる

エステサロンやクリニックで脱毛をしている方の多くが、希望日に予約が取れなかったという経験をしています。自宅で出来る家庭用脱毛器なら、そういった心配がなく自分の都合に合わせていつでも施術が出来ます。

家庭用脱毛器ならスピーディーに出来ることも

脱毛器によっては、施術の間隔を2週間としているものもあります。その場合、脱毛完了までの回数はエステサロンと同じでも、サイクルが短い分、施術期間が短くなることがあります。

光脱毛でワキ脱毛をするデメリット

時間がかかる

医療レーザー脱毛よりも出力が弱い分、施術の完了までに時間がかかります。サロンの場合は契約したプランの回数では脱毛が完了せずに追加で脱毛が必要になり、追加料金がかかってしまうこともあります。また家庭用脱毛器の場合は、さらに長い期間を要するため、トータルの施術回数がかなり増える可能性もあります。長期間の施術やそれに伴う制限(日焼けなど)に対応できるかをしっかり考えましょう。

永久脱毛ではない

「永久脱毛」を謳えるのは、毛根を破壊する医療行為となるレーザー脱毛のみです。光脱毛はあくまで抑毛、減毛なので、ある程度の期間が経過するとまた少しずつワキ毛が生えてくることがあります。施術前のようにたくさんの毛が生えてくるわけではなくチラホラと生える程度なのでカミソリ等でその都度処理していけば十分ですが、完璧を求める方はその点をしっかり理解してから施術をするようにしましょう。

日焼けできない

光脱毛は、黒いものに反応する光による脱毛なので、日焼けをして肌が黒くなっている状態だと効果も薄れ、火傷などのリスクも大きくなります。光脱毛を始める場合、完了までは日焼け対策をしっかりとする必要があり、夏など時期によってはそれが大きなストレスになるかもしれません。日焼け対策を脱毛期間中できるのかを考えて、計画的にスタートの時期を決めましょう。

光脱毛でワキ脱毛にかかる時間

エステサロンの場合

光脱毛の場合は、1ショットで3センチほどの範囲を照射できます。ワキの場合、照射漏れがないように若干広めに照射していきますが、それでも照射にかかる時間は長くても片脇5分〜10分程度です。前処理やアフターケアを含めても、両ワキで30分程度が平均となります。

また、脱毛完了までの必要期間は、エステサロンの場合は2〜3年が目安となっています。毛周期に合わせて2か月に一度施術し、それを12回繰り返すようなイメージです。

家庭用脱毛器の場合

自分のやり方にもよりますが、早い人は両ワキで1分もかからないようです。大体両ワキで5分程度を見ておけば良いでしょう。

脱毛完了までの期間については、出力が弱い分長くかかると思えますが、実は家庭用脱毛器の場合施術のサイクルがエステサロンよりも短くなっています。(※脱毛器によって差があります)

脇の場合、通常12回ほど施術をすることになりますが、それを2週間に1回やっていくと、約半年で施術が完了します。ただし効果の出方には個人差があるので、それより長くかかることもあります。

ワキ脱毛におすすめの光脱毛

ケノン

光脱毛を採用している家庭用脱毛器です。ケノンは照射範囲が家庭用脱毛器の中でも広く、一度の照射回数が少なく済むのも特徴です。また、使い捨てではなくカートリッジを交換することで効果を落とすことなく長く使える脱毛器としても人気が高い商品です。

価格 98,000円(税込)
公式サイトでは28%offの69,800円(税込)
その他キャンペーン値引きや、紹介割引もあり。
4色(シャインピンク・パールホワイト・シャンパンゴールド・ブラックつや消し)
カートリッジ 4種類
エクストララージ(3.7p×2.5p)
ストロング(3.0p×1.5p)
ラージ(3.5p×2.0cm)
スキンケア(3.0p×1.5p)
出力レベル 10段階
チャージ時間 最短2秒
連射機能
オートショット
製造国 日本

他の自己処理方法と光脱毛を比較

光脱毛を、自宅で出来る他の自己処理方法と比較してみます。光脱毛は費用も時間も他のものよりも必要になりますが、完了後には自己処理がほぼ不要になることを考えると決して高すぎるわけではありません。お金をかけず毎日の自己処理を続けていくのか、思い切ってお金と時間をかけて自己処理のいらない毎日を得るのか、比較して検討してみてくださいね。

脱毛方法 光脱毛 カミソリ 毛抜き 除毛クリーム ワックス
内容 特殊な光で毛根へダメージを与える カミソリで剃っていく 一本一本手で抜いていく 特殊な薬品で毛を溶かす 粘着力のあるテープや薬品で毛を一気に引き抜く
効果 完了後◎
価格 高い 安い 安い やや安い やや安い
痛み 少ない ほぼなし 強い ほぼなし 強い
頻度 2〜3か月に一度。完了後は施術不要。 すぐ生えてくるので毎日〜好きな時に 3〜5日おき 1〜2週間に一度 5〜10回に一度
ダメージ 少ない 多め 大きい 少な目 大きい
出来上がり 滑らか チクチクする 埋没毛などが起こる場合も 処理直後は滑らか 処理直後は滑らか

脱毛サロンと家庭用脱毛器の光脱毛のどっちがいい?

脱毛方法 脱毛サロン 家庭用脱毛器の光脱毛
メリット ・プロによる施術なので仕上がりがキレイ
・美肌効果も期待できる
・通うだけで後は何もしなくても良い
・光脱毛以外の脱毛も可能(ニードル脱毛など)
・スタッフから肌トラブルについてアドバイスや病院の紹介を受けられる
・脇脱毛はキャンペーンで安価で受けられることが多い
・自宅で好きな時間に出来る
・全身自分の納得いくまで施術できる
・本体はサロンへ通うよりも安く買える
・施術の間隔が短い
・見られたくない部分も自分だけで出来る
デメリット ・費用がかかる
・通うのが面倒
・混んでいると予約が取れない
・部位によっては恥ずかしさがある
・出力が弱いので効果もゆっくり
・すべての流れを自分でやるのが面倒
・カートリッジなどの費用が掛かる
・肌トラブルに自分で判断して対処しなければならない

このように比較してみると、脇だけの脱毛の場合、時間に余裕があるのであればエステサロンで施術を受けたほうが楽だといえそうです。脇の脱毛は集客目的の理由からキャンペーンに使われることも多く、ワンコインで施術を受けられるコースのあるサロンもあります。

複数の部位を脱毛したい場合、時間がかかりますが自宅で家庭用脱毛器を利用すれば安く済み、また見せにくい部分も自分一人で気楽に施術できるというメリットがあります。

女性の中には子育てや勤務時間の都合でサロンへ行けない方もいるでしょう。そのような環境でも家庭用脱毛器で十分に効果を得られるでしょう。ただし、エステサロンでも家庭用脱毛器でも、継続することが大切になります。面倒になってやめてしまうことのないように、計画的に施術スタートすることが重要なポイントです。

この調査内容の総括

今回の記事では光脱毛によるワキ脱毛について調べてみました。

光脱毛は、エステサロンで受けられるもののほかにも、家庭用脱毛器でも施術が可能です。家庭用脱毛器の場合、効果に対する不安や、自分でも扱えるのかと心配される方が多いようですが、正しい使い方やアフターケアを心がければ、ゆっくりではありますが確実に効果が得られます。

少しでも費用を抑えたい方、見られるのが恥ずかしいという方、育児で自由にサロンへ通えないという方には家庭用脱毛器もお勧めです。

エステサロン、家庭用脱毛器、どちらの光脱毛にもメリットデメリットはあります。どちらも効果は十分期待できるので自分のライフスタイルや、予算に合わせて選んでみてください。毎日のムダ毛処理から解放されればファッションもより楽しめるようになり、充実した日々を送れることでしょう。