痛い脇脱毛と痛くない脇脱毛方法の詳細

> 痛い脇脱毛と痛くない脇脱毛方法

痛い脇脱毛と痛くない脇脱毛方法

カミソリや毛抜きで自己処理をし続けるのは、面倒だしトラブルが起こるリスクもあります。脱毛をしてむだ毛のないツルツルなお肌を手に入れたいと思う女性は多いでしょう。

けれど脱毛の痛みは嫌だし不安…そう考える方も多いと思います。痛みの感じ方には個人差があるので、口コミや体験談などの情報ではなかなかわかりづらいものです。

でも、大体どれくらいの痛みかわかっていれば怖さが和らぎますよね。そこで脇脱毛の種類とそれぞれの痛みはどれくらいなのか?ということを調査しました。

それぞれの脇脱毛方法ごとの脱毛時の痛みはどれぐらいなのか?

脇脱毛には大きくわけてエステで受ける光脱毛と、医療機関で受ける医療レーザー脱毛があります。一般的に出力が弱い分、エステサロンの光脱毛の方が通う回数はかかりますが、痛みは少ないとされます。

それぞれの機械の特徴と痛みをご紹介します。

光脱毛

エステサロンで行われている脱毛方法です。光をあてることで熱ダメージを与え、毛が生えてくるのを抑制し減毛します。フラッシュ脱毛と呼ばれることもあります。

IPL脱毛

IPLはIntensive Pulse Lightの略です。広範囲の光エネルギーを毛根にあて弱らせて脱毛を促すことができる機械です。脱毛の前は美容目的に使用されており、毛穴の引き締めやくすみなどの美肌効果が期待できます。

よく表現されている痛みは「輪ゴムに弾かれたような痛み」です。光脱毛の中では痛みが比較的少なく、顔の脱毛などにも用いられています。ただしメラニンに反応するため、色の濃い部分は痛みがやや出る場合もあります。

S.S.C脱毛

S.S.CはSmooth Skin Controlの略です。IPLと同じような光を使いますが、違いは抑毛効果のあるジェルを塗り、その上から光を当て相乗効果で脱毛を行う点です。

肌ダメージが少なく、光脱毛の中でも痛みが少ない部類に入ります。そのため顔やデリケートゾーンの脱毛に向いているといえます。

しかしやはり皮膚の薄い部分やデリケートなどは「ゴムに弾かれたような痛み」が多少出る場合もあります。

SHR脱毛

光脱毛の機械の中では比較的新しいものです。SHR脱毛方式はジェルの上から光を毛包にあてて脱毛します。光脱毛の中では最も痛みが少なく、温かさを感じる程度だとされます。

また毛周期に関係なく施術が行えるため、毎月施術が可能というメリットがあります。デメリットは取り扱っているサロンがまだ少ない点です。

医療レーザー脱毛

黒色に反応するレーザーをあてて、毛乳頭や毛包幹細胞を破壊して脱毛します。医療レーザー脱毛は光の出力量が強いため、医療機関でしか施術を受けることができません。

手軽さや場所の面ではエステサロンに一歩遅れますが、医療機関で受けられるという安心感があります。また脱毛の効果も光脱毛より高いとされています。

医療脱毛にも様々な機械の種類があるのでチェックしていきましょう。

ダイオードレーザー

日本で行われている医療レーザー脱毛で最も多く使用されている機械だとされます。またアメリカのFDAから永久脱毛の効果があると認証された機械にもなります。

レーザーの波長が黄色人種の日本人の肌色に合っており、肌の負担を最小限に抑えることができます。

医療レーザー脱毛の中では比較的痛みが少ない機械です。そのため痛みが心配だけど医療脱毛を受けたいと考えている方には、ダイオードレーザーがオススメです。
しかし濃い毛が生えているデリケートゾーンや脇はどうしても痛みを感じやすくなっています。

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトと呼ばれる鉱石を使用した脱毛機械です。1997年頃から日本に導入されました。

冷却風や冷却ガスを噴射し、皮膚を冷却しながらレーザーを当てるのが特徴です。皮膚を冷却しながら行うので痛みは大分軽減されますが、他の機械よりも若干痛みがあるとされます。

ライトシェア・デュエット

ライトシェア・デュエットは脱毛部位を吸引しながら光を照射します。こうすることにより、ターゲットの毛だけを選んで効率的に脱毛することができます。

そのため出力抑えても、より効果を発揮できます。また照射範囲が広いので施術時間が短くてすみます。

ゴムに弾かれたような痛みはありますが、照射時間が短いので、我慢する時間も短くてすみます。

中でも最も痛いといる脇脱毛方法とその理由

最も痛いと言われている脇脱毛は医療脱毛になります。その中でもアレキサンドライトレーザーは比較的痛みがあるとされています。その理由は比較的出力が高いためです。特に脇は毛量、毛質が濃く太いことが多いため、場所によってはチクチクと痛みを伴うことがあります。

最も痛いと言われていたニードル脱毛

かつての脱毛の主流といえばこのニードル脱毛でした。針を毛穴の入れ、そこに電気を流すことで毛根にダメージを与えて脱毛する方法です。

ワキ毛を1本ずつ処理できるため、確実に処理できる方法として知られていました。

しかし痛みがかなり強く今ではほとんど行われていません。確実な効果を求めるならニードル脱毛もありですが、痛みの点から考えるとニードル脱毛はやめておいた方が良いでしょう。

中でも最も痛くないと言われている脇脱毛方法とその理由

最も痛くないと言われているのはエステで行う光脱毛で、特にSHR脱毛は痛みが少ないとされています。

従来のメラニンに反応する方法ではなく、毛包に光をあてダメージを与えるので色の濃い部分でも痛みを感じにくくなっています。

そのためどうしても痛みを感じやすかったデリケートゾーンや、脇などの毛や色の濃い部分の脱毛に適しています。

デメリットとしてはまだ取り扱っているサロンが少ない点です。どうしても近くに店舗がない場合は「S.S.C脱毛」なども痛みが少ないので、こちらを検討してみるのも良いでしょう。

脱毛効果と痛みのレベルから見て最もおすすめの脱毛方法はどれ?

痛みのレベルで考えると、おすすめなのはエステサロンで行われている光脱毛です。出力が弱めのため、時間はかかりますが痛みは少なくてすみます。特に「SHR脱毛」や「S.S.C脱毛」は痛みがほとんどないと言われています。

また医療脱毛に比べて費用が安く、店舗数が多いというメリットもあります。

肌の弱い方は医療脱毛の方がおすすめ

現在では技術が進歩し、医療レーザーでも痛みの少ない機械が登場しています。また医療機関のため痛みを強く感じる方には麻酔クリームなどを使ってくれる医療クリニックもあります。

敏感肌やアレルギーがあるなど肌質に不安が有る方は、もしもの時も考えて医療機関での脱毛をおすすめします。

クリニックでも無料カウンセリングやテスト照射を行ってくれる所がありますので、まずは相談してから決めるという方法もできます。

脇脱毛後も痛みが取れない場合はどうすればいい?

施術後に赤みや痛みが残る場合があります。痛みが翌日になっても続く場合は肌に火傷などのダメージを受けていることが考えられますので、すぐに皮膚科で診察を受けましょう。

もし医療機関で脱毛を行った場合は、そのクリニックで診察を受けるといいでしょう。

痛い脇脱毛と痛くない脇脱毛方法についての調査まとめ

脇脱毛の種類と痛みの程度についてご紹介しました。痛みのレベルでいうと、通う期間はかかりますがエステサロンの光脱毛が一番痛みは少ないと言えるでしょう。

そのため、痛みが不安な方はエステサロンでの光脱毛がおすすめです。サロンでは脇脱毛のキャンペーンや体験コースをとても安く行っていることもあります。その時に一度、お得な料金で試してみるという方法もあります。

しかし敏感肌やアレルギーなどで悩んでいる方は、医療機関での脱毛の方が良いといえます。

もし肌トラブルが起こってしまった場合、エステサロンでは治療できないためです。

医療クリニックでもレーザー照射のテストや無料カウンセリングを行っている所がありますので、そちらで一度痛みを確かめてから施術を受けることをおすすめします。