顔の産毛の永久脱毛の詳細

> > 顔の産毛の永久脱毛

顔の産毛の永久脱毛

最近化粧ノリが悪い、お肌が荒れやすい、顔色がくすんで見えるなど気になったことはありませんか。それはもしかしたら、顔のうぶ毛が原因かもしれません。

顔のうぶ毛による悪影響

メイクノリが悪い

うぶ毛が無いツルツルお肌の場合、ファンデーションが直接地肌に塗られるので、化粧が地肌に密着しやすくなります。それに対しうぶ毛が多い場合は、うぶ毛がお肌とファンデーションの間に挟まってしまい、地肌に塗られるのを阻害していまいます。

そのため化粧のノリが悪くなってしまいます。

お肌が荒れやすい

お肌の荒れとうぶ毛の多さは一見無関係のように思えますが、ちゃんと関連性があります。

うぶ毛が多いと、雑菌や皮脂が毛に絡まりやすくなり、それが蓄積され毛穴に詰まってしまいます。するとニキビや肌の赤みの原因になります。

顔色がくすんで見える

日本人のうぶ毛は、欧米人に比べると黒色で濃い傾向にあり、そのためうぶ毛が多い場合、顔色が暗めになり、くすんでみえてしまうのです。

顔の無駄毛の処理方法

そんなお肌に対して悪い影響を与えるうぶ毛。定期的にムダ毛処理するのが良いでしょう。

方法としては2通りあります。1つはカミソリや電動シェーバーを使い、自分で処理をする方法。もう1つは美容外科などに行き、プロによる医療レーザー脱毛やフラッシュ脱毛などの永久脱毛施術を受ける方法です。

しかしカミソリや電動シェーバーを使用して自分で処理をする場合、色素沈着や埋没毛など肌トラブルが起こるリスクも高くなります。特に敏感肌や乾燥肌、アトピーの方など、肌の弱い人は肌トラブルをうまく解消できないかもしれません。

そんな時は予算が掛かってもプロにお任せする方が安心です。また、定期的に自分でお肌のうぶ毛を処理するのが面倒、という方もプロによる永久脱毛をするのが良いでしょう。

顔のうぶ毛の永久脱毛をする方法

医療レーザーによる脱毛

うぶ毛に医療用のレーザー照射をして脱毛する方法です。レーザーによって皮下にあるメラニンという黒色の毛に熱が伝わり、毛母細胞という毛を作っている細胞を破壊します。

そのため、毛がはえにくくなります。そのため脱毛するときは、レーザーが黒色に反応するため、日焼けをしてはいけません。

フラッシュ脱毛

インテンス・パルス・ライトという、ある一定の波長による光を使った脱毛方法です。その光をカメラのフラッシュのようにうぶ毛に照射すると、毛母細胞に働きかけて破壊し、毛が生えにくくなります。

顔のうぶ毛の永久脱毛をするメリット

うぶ毛の手入れをする手間が省ける

週一程度でうぶ毛を剃らないと目立ってくる方が多いのではと思います。

週一といえども、それが毎週となると面倒で、特に仕事が忙しい時などはそのお手入れが煩わしいものです。永久脱毛を行えば、ほとんど毛が生えてこないので、そういった煩わしさから解放されます。

お肌へのダメージを減らせる

お手入れをするときには、カミソリや脱毛クリームを使用して産毛処理するのが一般的です。

ただ、カミソリや脱毛クリームによって脱毛した場合、お肌に悪影響を与えてしまうこともあります。

それに比べて永久脱毛は、脱毛施術をしている時は多少お肌に負担がかかることもあるかもしれませんが、それも一時的なものです。脱毛処理が終わった後は、お手入れによるお肌への悪影響はほとんどなくなるでしょう。

顔色が明るくなる

永久脱毛をすると、毛が生えにくくなるため、毛穴が徐々に小さくなります。

そのため、毛穴が大きいことによってくすみがちだった肌色が、明るくなり清潔感のあるお肌になります。第一印象も良くなることでしょう。

お化粧のノリが良くなる

うぶ毛が生えにくくなると、ファンデーションを塗る時に地肌に塗ることができるため、いつもより、化粧のノリが良くなります。化粧のノリが良くなれば、その日一日が楽しくなるかもしれません。

顔のうぶ毛の永久脱毛をするデメリット

効果が出るまで数回施術を受ければならない

永久脱毛の処理をしてくれる医療クリニックには数回通う必要があります。

お忙しい方からすると、クリニックに予約する手間が面倒であったり、クリニックへ通う時間が作れなかったりするかもしれません。また照射漏れがあると追加照射が必要になることもあります。

ちくっとした痛みがある

うぶ毛と言えども、レーザーやフラッシュを使用して熱を加えると刺激や痛みを伴います。毛が濃ければ濃いほど強く痛むので、毛質や毛量によっては肌に対しての負担が大きくなります。

多少のヒリヒリ感がある

脱毛時に熱が発生し、多少の炎症を起こします。そのため、脱毛施術が終わった直後は、冷却剤で顔を冷やすのですが、毛が濃い方はそのヒリヒリ感が多少長く続くこともあり、少々煩わしいかもしれません。

肌トラブルが起こる可能性もある

顔の脱毛は出力を弱くして照射しますが、毛嚢炎というニキビのような肌トラブルが起きる可能性もあります。

また、脱毛をすることで逆に毛が太くなったり増えたりしてしまう「増毛化」「硬毛化」が起こる事もあります。

このような場合でも続けて施術をすれば、ツルツルに脱毛することができます。医師やスタッフと相談しながら、途中でやめたりせず継続して行いましょう。

顔のうぶ毛の永久脱毛にかかる期間と回数

脱毛施術の回数について

永久脱毛は1度の施術では済みません。自己処理がほとんど必要なくなるまで、個人差はありますが、3〜8回程度の脱毛施術を受ける必要があります。

脱毛施術の期間について

脱毛施術は連続して受けるられません。それは脱毛施術を受けてうぶ毛が抜けた後、毛が再度生えてくるまでは、次の脱毛施術を施せないからです。そのため、3〜4週間あるいは2,3カ月おきに通必要があるので、期間としては半年〜1年程またはそれ以上時間がかかる可能性もあります。

顔のうぶ毛の永久脱毛にかかる施術料金

医療レーザーによる脱毛の場合

クリニックによって料金の仕組みがかなり違います。なので、脱毛を始めたい方は、通いたいクリニックの料金体系や加算の仕組みを確認してください。

参考として具体例をあげると、湘南美容外科では回数毎に料金が加算され、3回コースだと30780円、6回コースだと52650円で施術を受けられます。

フラッシュによる脱毛の場合

こちらもエステにより、料金体系が違うので比較が難しいところですが、例えばTBCでは、ビジター価格(入会していない場合)だと最大で1回3720円です。

レーザー脱毛と比べるとかなり安いですが、その分脱毛効果が落ちるので、通う回数は増えるかもしれません。

顔のうぶ毛の永久脱毛をするならエステサロンとクリニックどちらがいい?

もし、時間がかかっても良いから低価格で脱毛したいという人であれば、フラッシュ脱毛を選択するのがベターでしょう。逆に、短時間で脱毛を終わらせたい人であれば、照射レベルの強いレーザー脱毛が向いています。

特に肌質が荒れやすい人、敏感な人は肌トラブルが起こる可能性があるので、注意が必要です。フラッシュ脱毛は時間がかかりますが、負担は少なくなります。

また、クリニックで行う脱毛は医療機関で医師が処置をしてくれます。万が一、トラブルが起こった場合でも医師が治療してくれるので安全性が高いです。

サロンにしてもクリニックにしても、施術者にカウンセリングで肌の状態をよく見てもらうようにしましょう。

顔のうぶ毛の永久脱毛におすすめのサロン店やクリニック

DIONの美顔脱毛

最近雑誌にも掲載されているDIONの美顔脱毛が注目を集めています。光を使用した脱毛方法なのですが、従来の方法よりも、発熱や痛みが少なく、価格的にも6回コースで45360円と比較的お手頃な料金プランです。

湘南美容外科のフェイス脱毛

医療レーザーを使用した脱毛方法で、比較的短い期間で脱毛ができます。また、料金体系も明確で、施術の実績も多いので安心して脱毛することができます。

TBCのライト脱毛

こちらはフラッシュ脱毛になります。施術内容のポイントとしては、フェイス脱毛のオプションとしてクールダウントリートメントを選べることです。脱毛施術後に敏感になっているお肌に対して、うるおい成分を与えることにより、お肌を整えて荒れるのを防ぎ美肌にしれくれます。

総括

最近は様々な脱毛方法があり、女性だけではなく男性も施術をするほど、サロンやクリニックでの脱毛は人気があります。

またコスト的にも10年前に比べれば、かなり低価格になってきています。体験脱毛コースというのもあり、手軽に脱毛を試せたりもします。

それだけ、お肌をキレイにできるチャンスはたくさんあります。セルフケアがいいのか脱毛がいいのか、いろいろ試して自分にあった方法を見つけてくださいね。