カミソリによる顔脱毛の詳細

> > カミソリによる顔脱毛

カミソリによる顔脱毛

顔の産毛を自己処理する際によく使われるカミソリ。手軽で簡単だからと自己流で適当にやってしまっていませんか?

ちょっとしたポイントを押さえてムダ毛処理するだけで仕上がりに大きな差が出ます。家庭で行う場合のムダ毛のシェービング方法を具体的に見ていきましょう。

カミソリでの顔脱毛の手順とポイント

1)カミソリを用意する

まずは顔そり用のカミソリを用意します。カミソリ製品にはT字型とI字型のタイプのものがあります。よくあるT字型のものは幅が広く、顔の細かい部位には向かないこともあるので、出来ればI字型もしくは顔用の小さいT字型のカミソリを用意しましょう。顔用の電動シェーバーもおすすめです。

2)顔を温め、毛穴を開かせる

入浴や蒸しタオルで温めることで、肌や産毛が柔らかくなり、肌へのダメージを抑えることが出来ます。

3)クリームや乳液を塗る

メイクしたままのカミソリでの処理は雑菌による炎症などを引き落とすので、事前に必ずメイクを落としましょう。化粧水などで肌を整えてから、カミソリ用のクリームや乳液をまんべんなく塗ります。

4)産毛をそっていく

カミソリを持っていないほうの手で、肌を軽く引っ張りながら毛の流れに沿って処理していきます。このとき、上から下へと剃っていくことを意識しましょう。おでこから始まり、鼻筋、目の周り、頬、口回りという順番です。何度も同じ場所を剃るのは肌へのダメージにもつながるのでNGです。カミソリに付いた毛はその都度ティッシュなどでふき取りましょう。

5)クリームや乳液を拭き取り、アフターケア

濡らしたタオル等でクリームを拭き取りましょう。その後、冷たいタオルなどで顔全体を冷やします。こうすることで、ダメージを受けた肌を落ち着かせることができます。しばらくクールダウンしたあとには、再度化粧水や乳液でしっかりとスキンケアし、保湿しましょう。

カミソリでの処理で気を付けること

NG行為その1:洗顔料をクリーム代わりにして処理する

洗顔料を使っての剃毛はよくやりがちですが、実は大事な角質まで削り取ってしまうことになるのでNG行為です。

NG行為その2:何度も剃る、毛の向きと逆に剃る

カミソリは手軽な処理法ですが、肌に直接触れるのでダメージが大きい場合もあります。同じ場所を何度も剃ったり、毛流れに逆らって剃ったりすることは、角質をそり落としてしまうためNGです。

NG行為その3:カミソリをお風呂場に放置しておく、古いカミソリを使う

切れ味の悪いカミソリを使うとさらにダメージを大きくしてしまいます。カミソリを清潔に保つためにも使用後にはしっかりと水分を取り、傷まないように保管しましょう。ほとんどのカミソリの寿命は2週間程度、2〜3回使用したら交換すると良いといわれています。

NG行為その4:肌トラブル中、生理中などの処理

顔にニキビが出来ているときや日焼けをした直後などは、通常よりさらに肌への負担が大きくなります。ニキビを傷つけてさらに悪化させることも考えられます。

また生理中は女性ホルモンのバランスが崩れやすく刺激に対してお肌が敏感になりやすい時期です。そのため肌トラブル中や生理のときには、カミソリ負けなどのトラブルを招かないためにも処理は止めておきましょう。

カミソリで顔脱毛をするメリット

肌に透明感が出て、明るくなる

薄い産毛でも生えているとくすんで見えてしまいます。処理することで肌の明るさがよみがえります。

メイクのノリが良くなる

カミソリで剃ることで、産毛だけでなく古い角質も取り除くことが出来るので、メイクが肌にぴったりとなじむようになります。

ニキビが出来にくくなる

産毛が生えていると、産毛に絡んだ汚れや皮脂による肌トラブルが起こりやすくなります。カミソリで丁寧に処理しておけば、汚れなどがたまりにくくなり、ニキビ予防にもつながります。

手軽に出来る

シェービングサロンへ行く、料金の高い用品を買いそろえるといった手間がないので、自宅で手軽にうぶ毛処理が出来ます。自分の好きな時間に出来るのも忙しい方にとっては嬉しいポイントです。

コスパが良い

カミソリにもいろいろありますが、どのカミソリにしてもそこまでの費用はかかりません。最近では女性用の顔そり専用のカミソリも販売されています。コスパが良く、いろいろな商品を試しやすいのもカミソリを使うメリットです。

カミソリで顔脱毛をするデメリット

肌に負担をかけるのでダメージが心配

いくら丁寧に処理をしても、肌に直接刃を当てて剃っていくので肌へのダメージはゼロではありません。深く剃ってしまうことで肌表面が傷ついたり、傷ついた部分にかさぶたができて埋没毛になったりすることも。

また、繰り返し処理することで色素沈着を起こしたり、炎症を起こし毛嚢炎というニキビのように小さく赤いブツブツができたりすることもあります。毛嚢炎はカミソリに限らず、毛抜き処理した場合やサロンで光脱毛をした場合などにも起こる可能性があるので注意しましょう。

これらの肌トラブルはクリームなどで下準備をしておくことでそのダメージを抑えることができるので、そういった手間を惜しまないことが大切です。

肌の状態によっては処理できない

どうしても今日産毛の処理をしたいと思っていても、肌にニキビが沢山出来ているなどトラブルを起こしているときには処理をしないほうが良いでしょう。特に吹き出物やニキビの場合、カミソリで傷つけてしまうとさらに悪化する可能性があるので注意が必要です。

肌を切ってしまうリスクがある

気を付けていても手が滑って肌を切ってしまうことがあります。丁寧にゆっくりと処理することでリスクは減らせるので慌てず処理しましょう。

カミソリで顔脱毛をするタイミングと頻度

カミソリでの顔脱毛はいつでもできる手軽さがうれしいムダ毛処理方法です。タイミングは自分の都合の良いときで大丈夫ですが、事前処理として肌を温め、毛や角質を柔らかくしておくことをお勧めします。

ホットタオルで顔を温めてからでも良いですし、入浴後でも良いでしょう。どちらにしてもゆっくりと鏡に向き合える時間を取れるタイミングが向いています。

処理の頻度は短くても1〜2週間に一度が良いといわれています。肌が明るくなるからという理由で毎日処理をしてしまう方も少なくありませんが、それは毎日肌にダメージを与えることにつながります。

むやみに処理を繰り返すのではなく、一定の期間をおいて処理することが美肌への近道です。

顔脱毛をカミソリするのにおすすめの脱毛グッズ

貝印:ビューティーM

昔から人気の高い商品で、親子3世代で愛用しているという方も多いカミソリです。金属製の持ち手で、刃は比較的長めのIラインなので、レトロな印象を受けるかもしれませんが、剃った後のツルツル感はびっくりするほどです。

ガードがなく切れ味が良いので間違って肌を切ってしまわないように注意が必要ですが、ロングセラーとなるだけの効果が得られるカミソリです。

Schick:プレミア敏感肌用

人気の高いシックから、敏感肌用のカミソリが発売されています。肌を傷つけないようにするガードは、世界最小といわれるマイクロガードなので、より安心して使用できます。

ヘッドが小さいので目の周りなど細かいところも剃りやすく、持ち手は滑りにくい加工が施されているため安心感がある商品です。

貝印:プリティーフレッシュL

多くのドラッグストアやコンビニで見かけるこの商品、手に入りやすいのに使いやすいと評判です。

ガード付きなので顔剃り初心者の方にもおすすめです。コスパ、切れ味、持ちやすさ、どれをとっても評判が良い定番商品です。

顔の無駄毛のカミソリでトラブルが出た場合の対処法

カミソリでの処理をしているとカミソリ負けなどの肌トラブルが起こることがあります。そのようなときにはどんな対処をすればよいでしょうか。

カミソリでの処理をいったん中止する

まずはトラブルの原因となるカミソリでの処理を中止し、肌を休めます。

化粧を出来るだけしない

お仕事をしている方は中々難しいと思いますが、出来るだけカミソリ負けの箇所には化粧品を塗らないことです。

どうしてもメイクが必要な場合は薄めのメイクにし、できるだけ早くメイクを落とすようにしましょう。

保湿する

カミソリ負けは肌の角質が必要以上にカミソリでそがれることで起こります。荒れた角質を抑えるためには、保湿をしっかりして肌を柔らかく保つことが大切です。

薬を塗る

あまりひどいようなら皮膚科で薬をもらうようにしましょう。そこまでではないという場合には市販されているオロナインがおすすめです。

傷や肌の荒れなど、様々なことに効果を発揮するオロナインは、カミソリ負けの肌荒れにも向いています。

まとめ

肌にダメージを与えがちといわれるカミソリでの産毛処理ですが、正しい使用をすれば肌が明るくなる、化粧ノリが良くなるなど、美容効果も高いことが分かりました。

肌の印象を良くする高い効果があるので、ついつい必要以上に繰り返し処理をしてしまいがちですが、カミソリには肌ダメージのリスクも避けられないため、一定期間を開けて処理することが大切です。

そして万が一肌トラブルが起きてしまった場合には、すぐにカミソリでの処理を中断し、肌を休めてあげることが必要になります。

自分での処理が不安な方は、多くのエステサロンや理髪店で顔用のシェービングメニューを扱っているのでプロにお任せすることも可能です。

ちょっとした手間を惜しまず、正しいシェービングを行うことで、印象の良い明るい美肌を手に入れることが出来ます。自分に合ったカミソリを見つけ、魅力的な美肌を目指してみてはいかがでしょうか。