脇の埋没毛の詳細

> 脇の埋没毛

脇の埋没毛

埋没毛とは

ムダ毛処理中などに、皮膚の中に埋まった毛を見つけたことはありませんか?皮膚の下で伸びているように見えるそのムダ毛こそが「埋没毛」と呼ばれるものです。

皮膚の中という狭い空間で毛が成長するので、くるくると丸く伸びていくことも多く、見た目にもあまり良くはありません。

伸びるだけでなく、剃り跡の毛穴が黒くブツブツと盛り上がった状態も埋没毛の一つとされています。埋没毛は珍しいことではなく、ムダ毛処理をされる方ならほぼすべての方が経験しているといっても過言ではありません。

脇の埋没毛になる原因

一番大きな原因は、カミソリや毛抜きによる自己処理です。

自己処理を続けることで皮膚がかさぶたのように毛穴をふさいでしまったり、傷つけていたりすると、毛先が皮膚の表面に出ることが出来ずに皮膚内部で伸びてしまいます。

脇の埋没毛のデメリットいろいろ

脇の埋没毛のデメリットは多くあります。考えられるデメリットを挙げてみました。

見た目が悪い

皮膚の奥の方ではなく、肉眼で見えるくらい表面に近い部分で伸びていくので、黒い埋没毛は隠しきれません。伸びていない場合でも、黒いポツポツになっていることもあります。どちらにしても見た目に美しいとは言えない状態です。

触り心地が悪い

皮膚の中で伸びていく埋没毛であればそこまで手触りは気になりません。

ボツボツになり、その中に黒い毛がブツブツと見えている状態になると手触りも非常に悪いものになります。見た目の通り、ザラザラ・ブツブツした触り心地です。

黒ずみの原因でもある

埋没毛は、そのまま放っておけばそのうちまた吸収されてなくなります。ただし無くなった場合でも、シミのような黒ずみとなって痕だけが残ってしまうこともあります。

炎症を引き起こすことも

場合によっては、皮膚の下で伸びる毛が炎症を引き起こし赤く腫れてしまうこともあります。

こうなると自分での解決は難しく、皮膚科を受診することになります。また、刺激から肌を守るためにメラニン色素が生成され、色素沈着を起こしてしまうこともあり注意が必要です。

ムダ毛処理を中断しなければならない

埋没毛を解消するためにはその原因となる自己処理(毛抜きやカミソリなど)を中止し、肌を正常に戻してやる必要があります。夏場は肌を出すノースリーブなどの服や水着を着たいときなど支障が出ることがあるでしょう。

脇の埋没毛になるのでやってはいけない脱毛方法

毛を無理に抜く脱毛

毛抜き、ワックス、電動脱毛器などが当てはまります。毛を無理な力で抜き去るとき、毛穴は大きなダメージを受け、そこから炎症を起こしたりするうちに毛穴自体が閉じてしまいます。

そうなると、新しく生えてくる毛が行き先を失い、埋没毛となってしまうというわけです。

カミソリ

カミソリも一見毛穴自体にはダメージを与えていないように見えますが、実は肌に直接刃をあてて剃るので、肌の角質を落としてしまったり、深剃りしたりすることで毛穴に影響が出ることがあります。

傷ついた毛穴は自然とその状態から回復しようと、毛穴をふさいでしまうことがあり、埋没毛が起こってしまう原因になります。

脇の埋没毛にならないおすすめの脱毛方法

では、どのような脱毛方法であれば埋没毛のリスクを減らせるでしょうか。ここでは埋没毛を起こしにくいとされる「エステサロン・医療クリニックでの脱毛」「電気シェーバー」「家庭用脱毛器」についてご紹介します。

脱毛方法 メリット デメリット
エステサロン(光脱毛)・医療レーザー ・完了すれば自己処理がほぼ不要となる
・きれいな仕上がり
・プロや医師による施術
・脇だけならキャンペーンで安く受けられることが多い
・費用がかかる
・1〜3年ほど通う必要がある
・照射に痛みがある場合もある
・勧誘を受けることがある
電気シェーバー ・刃を直接肌にあてずにシェービングできるので肌に優しい
・安価で手に入る
・自宅でいつでもお手入れが出来る
・痛みはほぼない
・触るとチクチクする
・数日〜1週間程度のサイクルで処理が必要
家庭用脱毛器 ・一定期間使えば自己処理がほぼ不要になる
・痛みが少ない
・自宅で好きな時間に出来る
・本体の価格が高め
・エステやクリニックよりも効果が弱い
・自分で処理するのが面倒

現在、脇が埋没毛になってしまっているのを治す方法

脇に限らず、埋没毛が出来た場合には以下のような対処方法が良いとされています。

自己処理を中断する

まずは、埋没毛を引き起こしている原因となる自己処理を中断しましょう。肌へのダメージをなくすことで、正常な肌質に改善しやすくなります。

ピーリング剤を使う

ピーリングは薬剤によって古い角質を溶かして取り除く対策方法です。古い角質を落とすことで、埋没毛が外に出るのを促してくれます。

ピーリングをした後の肌は角質ケアをしてツルツルになりますが、あまり頻繁にやると肌への負担になるので、週に1回程度の頻度を目安にしましょう。

スクラブを使う

ピーリングと同様に、古い角質を落とす効果があります。細かい粒子で肌をこすることで、古い角質を取り除き、ターンオーバーを促してくれるスキンケア方法です。

こちらも肌へのダメージが心配なので、週に1回程度でケアしてみましょう。

やってはいけないこと

埋没毛が気になるからと、針やピンセットで無理やり引っ張り出すのは絶対にNGです。引っ張り出すためには、皮膚を針などで破る必要があります。

この処理で雑菌が毛穴付近に入ると、病院へ行かなければならないような大きな炎症につながる可能性もあります。

まとめです

今回の記事では、自己処理をしたことがある女性ならば誰もが一度は目にしたことのある「脇の埋没毛」について調べました。

埋没毛の一番の原因は、自己処理による肌や毛穴へのダメージです。無理な力で毛を抜こうとすると、毛穴が引っ張り出されブツブツになったり、ふさがれてしまったりという状況になります。

一度埋没毛になってしまうと、それを解消するために自己処理を中断して、地道な方法で治すしかありません。

このようなことを考えると、費用は掛かりますがエステサロンや医療クリニックで脱毛メニューを受けるのも一つの有効な手段だといえます。

完了後は日々のムダ毛処理がなくなりますし、数か月に一度施術を受けるだけで自己処理が不要となるのはサロン等での施術ならではのメリットです。また医療クリニックの場合は万が一、脱毛後に肌トラブルが起こっても医療機関であるため医師が処置をしてくれます。

ムダ毛処理にもいろいろありますが、それによって埋没毛や毛嚢炎、色素沈着など様々な肌トラブルの症状も起きるリスクがあります。

自分でカミソリ処理をする場合は、皮膚トラブルを予防するためにもシェービングクリームを使い、処理後はしっかりと保湿するなど、肌のケアを心がけましょう。トラブルが起こりにくいもので、自分に合ったベストな処理方法を見つけてみてくださいね。