未成年の学生におすすめのワキ脱毛方法の詳細

> 未成年の学生におすすめのワキ脱毛方法

未成年の学生におすすめのワキ脱毛方法

ムダ毛処理してツルツルな綺麗な肌でいたい!というのは女性であれば大人だけでなく学生の時でも同じですよね。特にワキの箇所は、ムダ毛処理をしている方も多いと思います。

しかしカミソリや毛抜きで自己処理をすると、毛嚢炎や埋没毛など肌が痛みトラブルになることもあります。

そこで「もっと簡単な処理方法である脱毛をしたい」と考えると思いますが、未成年の場合はどうなのでしょうか?そこでこの記事では、未成年の学生でも脱毛サロンや医療脱毛に通えるのか、などを調査しました。

未成年者が脱毛サロンでワキ脱毛するにはどうすればいい?

エステで行われている光脱毛は安価なのが特徴です。未成年の学生の脱毛でも部位が脇であれば、無理なく出せる金額に設定されています。

また学生向けのプランを設定しているサロンも多くなっています。しかし実際、未成年の学生は施術を受けるにはどうしたらいいのでしょうか?人気の大手エステサロンでの回答をご紹介します。

脱毛サロン名 ミュゼ エピレ キレイモ エステティックTBC 銀座カラー
未成年の脱毛は可能か
対象年齢 HPに記載なし 7歳から可能 HPに記載なし 7歳から可能 16歳以上で、2回以上生理が来た方
同意書の有無
公式HPからDL可能
電話確認も有

公式HPからDL可能
15歳以下は親権者の同席が必要

公式HPからDL可能

公式HPからDL可能
15歳以下は親権者の同席が必要

公式HPからDL可能
親権者と同席か同意書を持参で契約可能

エステサロンでの光脱毛は未成年もOKの所が多くなっています。条件として必ず親権者の同意書が必要となります。サロンによっては確認の電話連絡を行う所があります。

また15歳以下での脱毛が行えると明記してあるエピレやエステティックTBCなどは、親権者の同席が必要です。

他のサロンでは年齢についての明記はありませんでしたが、15歳以下の方は来店前に電話して確認を行うか、最初から親権者に同席してもらった方がスムーズでしょう。

またいずれもサロンスタッフと無料のカウンセリングを行い、施術が可能だと判断されてから脱毛が開始になります。学割料金を設定しているサロンも多いので、学生証を持参するのがオススメです。

未成年者が美容外科クリニックで医療レーザー脱毛を受けることはできるのか?

アフターケアが不安だから医療機関で脱毛を受けたい、と考える方も多いと思います。医療機関で行われている医療レーザー脱毛を未成年者は受けることができるのでしょうか。

大手美容外科クリニックの回答をご紹介します。

クリニック名 湘南美容外科 共立美容外科 リゼクリニック アリシアクリニック
未成年の脱毛は可能か
対象年齢 公式HPに記載なし
電話確認が必要
公式HPに記載なし 14以上歳から可能 16歳以上から可能
同意書の有無
高校生以下の場合は同意書と親権者の同席が必要

20歳以下の未成年の場合は、同意書が必要。
可能な限り親権者との同席を推奨

公式HPからDL可能
また高校生までの未成年の方は親権者の同席が必要

公式HPからDL可能
親権者と同席の場合は不要

医療レーザー脱毛も未成年の施術を行っています。しかし医療行為のため条件はエステサロンよりも厳しく、親権者の同席が必要なケースが多くなっています。

またリゼクリニックやアリシアクリニックのように年齢制限があるサロンもあります。

医療レーザー脱毛は、一般的にエステの光脱毛よりも痛みがあると言われているので、必ずカウンセリングがあります。また試し打ちをしてもらうことをオススメします。

基本的には親権者との同席を

医療レーザー脱毛は一般的には、エステの光脱毛よりも高価に設定されています。

そのため、未成年の方が契約する場合は親権者に同席してもらった方がスムーズにすむでしょう。また支払い方法がクレジットカードの場合もあると思いますが、本人のカードでないと支払えませんので、やはり同席が必要となります。

中学生におすすめのワキ脱毛方法

中学生くらいになってくると無駄毛が気になる年齢ですよね。そんな中学生にオススメのワキ脱毛方法はエステでの光脱毛です。何故なのか理由をご説明します。

料金が安い

エステでの光脱毛のコース料金は、とても安いのが特徴です。サロンによっては500円程度でワキの脱毛を行うことができます。この価格なら中学生の方でも無理なく通うことができますね。

ホルモンバランスが安定していないため

中学生の年齢ですと、またホルモンバランスが安定してない方もいらっしゃいます。そのためあまり若い年齢で脱毛を行っても、ホルモンの変化でまた毛が生えてくることもあります。

中学生のうちは光脱毛をしておいて、成長期が終わったあとにまだムダ毛が気になるようでしたら追加料金を払って光脱毛を続けるか、レーザー脱毛に切り替えるか選択するのがオススメです。

中学生におすすめできないワキ脱毛方法

中学生の方には医療レーザー脱毛はおすすめできません。なぜなら上記でも述べたように、ホルモンバランスが安定していないので、再びムダ毛が生えてくる可能性があるからです。

そのため最初から中学生以下の施術を行っていないクリニックもあります。

また費用も高額になるため、まだアルバイトができない中学生の方では自分で費用を出すという選択は難しいと思われます。

それでもどうしても医療レーザー脱毛がしたい!という方は、まず電話で確認を行い、カウンセリングで来院する際に親権者の方に同席してもらいましょう。

高校生におすすめのワキ脱毛方法

高校生になると脱毛の選択の幅もぐっと広まります。基本的に15歳以上の方は、エステでも医療機関でも施術を行ってくれるからです。

最初から医療レーザー脱毛で永久脱毛に近い施術を行うのもいいですし、店舗が多く通いやすいエステサロンの光脱毛を受けることもできます。自分の予算や目的に応じて選ぶといいでしょう。

自分で費用を出したいならエステサロンがおすすめ

自分で費用を出したいと考えているなら、エステサロンがオススメです。エステサロンの脱毛は医療レーザー脱毛に比べてとても安いためです。

また学生割引サービスを行っているサロンも多いので、更に安い価格で施術を受けられます。サロンに寄って紹介キャンペーンなども行っていますので、友達と一緒に通うこともできます。

高校生におすすめできないワキ脱毛方法

基本的に高校生になると、エステサロンでも医療機関でも脱毛を受けることができます。

エステサロンの光脱毛は、安く痛みの少ない施術ですが、効果が出るまでに時間がかかります。医療レーザー脱毛は、永久脱毛に近い効果を得られますが、痛みがあり価格も高めです。

このようにどちらもメリット・デメリットがあるので、初回に行われる無料カウンセリングで説明を良く聞いて決めることをおすすめします。高校生でも親権者の同意書は必要となりますので、忘れないように持参しましょう。

月経の来ていない方は病院で確認をしてから

高校生の年齢になると成長期のピークを迎えている方が多いため、多くのサロンで施術を行うことができます。

しかし月経がまだ来ていない方や、周期が安定していない方は、まだホルモンバランスが安定していない可能性があります。その場合は、脱毛効果が薄いこともありますので、婦人科などで診察を受けてから脱毛を行うことをオススメします。

大学生におすすめのワキ脱毛方法

大学生になると多くの方が成長期を終えていますので、エステサロンの光脱毛でも医療クリニックのレーザー脱毛でも好きな方を選択することができます。

しかし大学生になっても18・19歳の未成年の方は、親権者の同意書が必要となる場合があります。この未成年者の規定はサロンやクリニックによって違いますので、サロンを訪れる前に電話確認を行うといいでしょう。

学割が使える最後のチャンスかも

多くのサロンでは通常価格よりもかなりお得になる学割を導入しています。

今後大学院に進まない方などは学割が使える最後のチャンスになるので、学割を行っているかで脱毛を行うサロンを決めるという手もあります。

大学生におすすめできないワキ脱毛方法

大学生になると行えないワキ脱毛方法はほとんどありません。しかし生活サイクルが変わったり、勉強などが忙しくなったりすることもあるでしょう。忙しくなる時期がある方は、月額制プランはおすすめできません。

回数プランや通い放題の料金プランもあるので、そちらを検討するといいでしょう。またエステの光脱毛は、効果に納得が行くまでには十数回〜数十回かかることもあり、予約や来店が負担になってしまうことがあります。

回数を少なくしたいなら、医療レーザー脱毛の方がオススメです。価格は上がりますが、エステでの光脱毛よりも高出力のレーザーを使用していますので効果は高くなります。

忙しい方や早く済ませたい方は、医療レーザー脱毛選択するといいでしょう。

未成年の学生におすすめのワキ脱毛方法についての調査まとめ

未成年の方でも、ほとんどのエステサロンで施術を行えるという結果になりました。特に16歳以上の高校生の方は、エステサロンの光脱毛もクリニックの医療レーザー脱毛も行える所がほとんどです。

中学生の方は、まだホルモンバランスが安定しない方が多く、脱毛を行ってもまたムダ毛が生えてしまう可能性があります。その点を考慮して、脱毛を行うかどうか検討するのをオススメします。

いずれの施術を行う場合も、まず無料カウンセリングを行います。その時に親権者の同意書が必要となりますので、忘れないように持参しましょう。またサロンによっては親権者同伴が必要となりますので、事前に電話で確認すると安心です。学割を受ける際には学生証も必要となります。

また心配なことに、しつこい勧誘をしてくるサロンもあります。ネットで接客の口コミを調べたり、勧誘してきたときに必要のないものは毅然とした態度で断ったりすることがポイントです。

エステの光脱毛も、医療機関での医療レーザー脱毛もそれぞれメリット・デメリットがあります。公式サイトを見るかカウンセリングなどでよく話を聞き、比較してから決めることをオススメします。