妊娠中に脇脱毛をしても大丈夫?の詳細

> 妊娠中に脇脱毛をしても大丈夫?

妊娠中に脇脱毛をしても大丈夫?

長期にわたる脱毛の期間。ですからその間に妊娠・出産という人生の一大イベントを迎える方も少なくなく、予定通りに脱毛回数が消化できないこともあります。

また出産後も授乳があり、育児で忙しい生活がしばらく続きます。

妊娠中の脱毛の情報もかなり多く出回っていて、どれが本当の情報なのかを見極めるのも難しいかもしれません。

妊婦さんは精神的にも不安定になりがちなので、「脱毛を契約しているけど妊娠が分かった」「妊娠しているのに気が付かずに脱毛を受けていた」など考え始めると不安がどんどん大きくなってしまいます。ここでは妊婦さんの不安を少しでも打ち消すべく、具体的に妊娠と脱毛について詳しくご紹介します。

妊娠中はどうして脱毛がNGといわれるのか

エステサロンやクリニックでの脱毛ではほとんどの場合、「妊娠中の方、授乳中の方は施術できません」というルールを設けています。その理由を考えてみましょう。

効果がうまく出ないことがある

妊娠中は女性ホルモンの影響で、毛量が普段に比べて増減しやすくなります。また、脱毛をしてもまた産後、元通りに生えてしまうなど脱毛の効果が十分に出ない可能性があります。そのため、ホルモンバランスが不安定な妊娠・授乳期を避けるようになっています。

体調が不安定になる

妊娠中はつわりによる体調不良のほか、めまいや息切れなどの不調が起きやすい状態になっています。脱毛を受ける場合、長時間同じ姿勢でいることになるため、妊娠中の身体には負担が大きいということから脱毛を避けるようにいわれています。

肌がデリケートになる

生理中もそうですが、妊娠中は普段よりも肌がデリケートになるため、いつもなら問題ないムダ毛処理の方法でも肌荒れや炎症を起こしてしまうケースがあります。妊娠している場合、処方できる薬も限られてくるのでトラブルが長引く可能性もあります。

母体と胎児への安全性を保証できない

こちらが脱毛できない最も大きな理由です。脱毛自体が胎児や母体に影響を与えることはないとされていますが、万が一何かあった場合にサロン側にその責任が及ぶことを避けるため、妊婦の脱毛を断っている、というのが実際のところです。

妊娠中でも大丈夫な脇脱毛方法

妊娠中は100%大丈夫といえる脱毛はありません。ただ、妊娠中だからとワキ毛をそのままにすることもできないと思うので、気になる方は電気シェーバーで軽くムダ毛処理すると良いでしょう。その際、肌を傷つけないよう気を付け、処理後はしっかりと保湿することを心がけてくださいね。

妊娠中におすすめできない脇脱毛方法

妊娠中はほとんどの脱毛グッズ、脱毛サロン等でNGの表記がされています。その中でもいくつかオススメできない脱毛方法について内容をご紹介します。

妊娠を隠してサロンで施術をうける

これは絶対にNGです。もし妊娠が分かっているのであれば、そのことをしっかり伝えた上で施術をどうするか相談しましょう。妊娠を隠して施術を受けた場合、万が一トラブルが起こっても対応が遅れる可能性があります。

逆に施術を受けた後に妊娠が分かった場合は、あまり不安になりすぎないようにしましょう。脱毛の施術が直接胎児に悪影響を与えることはありませんが、体調不良などがあればすぐに産婦人科で相談してみてください。

家庭用脱毛器

ほとんどの家庭用脱毛器の説明に、「妊娠中の施術NG」の記載があるはずです。これは脱毛サロンなどと同様に、万が一のトラブルについて責任を負えないことからそのような記載がされていることが大半です。

また、肌も普段よりも敏感になっているのでいつもと同じように施術しても肌荒れを起こすこともあります。口コミなどを見ていると、妊娠中でも問題なく出来た、レベルを弱めれば大丈夫、といった情報がありますが使用する場合はあくまでも自己責任になります。

ワックスや毛抜き

毛を引き抜く除毛方法は、痛みでお腹が張ってしまう可能性があるためオススメできません。また肌自体も敏感になっているので、埋没毛など毛穴のトラブルも起こりやすくなります。

除毛クリーム

全ての除毛クリームがNGというわけではありませんが、男性用のものや肌に合わないものは刺激が強く、肌トラブルを起こしやすくなります。注意事項をしっかり読み、パッチテストを行ったうえで、自己責任で使用することは可能です。

脱毛サロン契約後に妊娠が発覚したらどうすればいい?

ほとんどの脱毛サロンでは、妊娠・出産の場合、休会や契約期間の延長などの対応をしてもらえるようになっています。

もし契約後に妊娠が分かった場合、まずは妊娠したことを伝えましょう。そして、施術をお休みしても大丈夫かどうか、契約はどうなるのかをしっかり確認しましょう。店舗によっては、回数保証があったり、産後に生理が再開し生理周期が安定した場合に契約している脱毛コースが再開できたりすることもあります。

確認するべきこと
・妊娠中の施術について、施術の可否
・施術NGの場合。期間の延長や休会が出来るのか
・延長や休会が出来ない場合、解約も含めて相談(返金など)
・延長や休会が可能な場合、どの時点まで延ばせるのか
・授乳期間の施術について
など

妊娠中のレーザーや光脱毛は胎児に影響あるのか?

レーザーや光脱毛自体は、胎児に直接影響を与えることはないとされています。ただ、それは実証されたものではなく結果論でそのように言われているものであり、100%安全だとは言い切れないのが実際のところです。

レーザー・光自体は照射した部分の毛根ほどの深さまでのダメージは与えるものの、それ以上深くまで影響はありません。ただし施術には痛みを伴うこともあるため、その痛みによって子宮収縮などのリスクも発生します。

直接的な影響はないとされるものの、万が一何かが起こった場合サロンやクリニックが責任をとってくれることはないので、赤ちゃんのことを一番に考えて施術をお休みすることをおすすめします。

どうしても妊娠中に脱毛したい場合、最もおすすめなやり方は何?

電気シェーバー

電気シェーバーは皮膚に直接刃を当てずに毛を剃るものです。カミソリで刃をあてると、ケガのリスクや角質をそり落としてしまうというデメリットがありますが、電気シェーバーの場合は肌にあまり負担をかけずに処理することが出来ます。また薬品なども使わないので、肌荒れのリスクも減らせます。

デメリットは、処理後でもチクチクした触り心地になることですが、見た目の問題だけであれば十分といえるでしょう。

この調査内容の総括

妊娠中はホルモンバランスが乱れる関係から、体毛自体が太くなるため、急に毛深くなったように感じることが度々あります。妊婦さんがムダ毛に悩むことは非常に多く、リスクを伴ってでも処理したいという妊婦さんも少なくありません。

基本的に妊娠中の脱毛はお勧めできませんが、その理由のほとんどがホルモンバランスや肌荒れ、万が一の時の責任、といった間接的なものです。つまり、妊娠中の脱毛は良くないとされる一方で、「絶対に禁止」とされる脱毛はない、ということです。

脱毛サロンやクリニックでは、責任の問題もあり妊娠中の施術は不可とするところがほとんどなので、妊娠中のムダ毛ケアは自己処理に頼らざるを得ません。

何もしないことが一番ですが、どうしてもという場合は、痛みを伴うものや、肌に合わない薬品を避けることでリスクを減らすことが出来ます。

また、自己処理後は除毛した部位をいつも以上にしっかりとクールダウンや保湿などのお手入れをしましょう。

妊娠中は自分の体調や見た目の変化に戸惑う方も多く、精神的に不安定な中、ホルモンバランスが原因でどんどん毛深くなっていく姿に悩みがちです。

しかし何よりも大事なのは元気な赤ちゃんを産むことです。心配していたムダ毛も、出産後元通りに戻ったということもよくあります。ムダ毛のことは自分にとってストレスにならない程度に考え、限られたマタニティライフを楽しく過ごしてくださいね。