脇脱毛とワキガの関係性の詳細

> 脇脱毛とワキガの関係性

脇脱毛とワキガの関係性

TVCMでも多く見るようになった脱毛サロン。一般的になった脱毛の中でも人気があるのが脇脱毛です。ムダ毛処理でも定番の脇脱毛は価格も安いことが多く、脱毛部位の中でも特に多くの人が脱毛する部分になります。

しかしインターネットなどで脱毛のことを調べていると、脇脱毛をするとワキガになるなどの口コミを見ることがあります。それは本当なのでしょうか?女性にとって体臭がおきる可能性があるのはとても心配になりますよね。今回の記事では脇脱毛とワキガの関係性はあるのか調べました。

そもそもワキガってどんなもの?

脇脱毛とワキガの関係性を調べる前に、ワキガになってしまうメカニズムをご紹介します。

ワキガになるメカニズムは?

ワキガのあの嫌なニオイはワキに汗をかくことによっておこります。
人間がかく汗には「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」2種類があります。このうちワキのニオイに関係があるのは、アポクリン汗腺から出る汗です

汗腺機能が正常な場合、エクリン汗腺から出る汗の成分のほとんどは水分でサラサラしていています。身体が熱さを感じた時に体温調節のためにかく汗です。また辛いものや熱いものを食べた時に出るのもこのエクリン汗腺から出る汗になります。

アポクリン汗腺から出る汗はニオイを発してベタベタしています。汗自体は無臭なのですが、汗の中にはタンパク質や脂質などが含まれています。この含まれている成分を皮膚に常在する菌が食べて分解した時にニオイを発するようになるのです。更にこの汗に皮脂汚れが混ざると、あのワキガの強烈なニオイを発するようになります。

このアポクリン汗腺は、ワキや鼻、デリケートゾーン、おへそ周りに集中しています。特に脇やデリケードゾーンは太く濃い毛が生えており、毛が汗を留めてしまいます。そのため湿度が高く、皮膚表面にある細菌が繁殖してニオイ物質が発生しやすい環境にあります。

ワキガの原因は?

食生活

肉類や脂質などの多い食べ物はアポクリン汗腺を活発にする働きがあります。そのため、欧米人の方が日本人よりもワキガになる人が多いと言われています。
しかし現代の日本人は食生活が欧米化しており、ワキガに悩む人も増えていると考えられます。

ストレス

ストレスもワキガの原因だと言われています。ストレスを強く感じると自律神経のバランスが乱れてしまい、アポクリン汗腺から汗が出やすくなると言われています。そのためワキガを気にすれば気にするほど汗が止まらないという悪循環に陥りやすくなります。

遺伝

ワキガは病気でなく体質です。生まれつきアポクリン汗腺の多い方はワキガになりやすくなります。遺伝的な要因が強いので、家族にワキガの人がいる場合はワキガになる可能性が高いと言えます。

エステサロンの脇脱毛を受けるとワキガになるのか?

ワキガのメカニズムや原因をご紹介した所で、脇脱毛すればワキガになるのか?ということを検証していきたいと思います。

脇脱毛のことをインターネットなどで検索すると、ワキガになった、汗が流れるようになった、臭いが気になるなどの口コミを目にすることがあります。果たしてそれは本当なのでしょうか。脇脱毛した後、汗が気になる原因を調べてみました。

脇汗が流れるのを感じやすくなる

脇脱毛を受けて無駄毛が無くなると、肌を直接汗が伝うようになります。そのため、脱毛する前より汗の分泌量が増えたように感じることがあります。また脱毛をすることによってエクリン汗腺が刺激され、一時的に汗が増えることもあります。

毛穴・毛根に老廃物が詰まっている

脱毛を受けた後の毛穴は通常は自然に閉じていきます。その時に何らかの原因で毛穴や毛根に皮脂や垢などが溜まってしまい、それが臭いの原因となることがあります。この場合は皮膚科で処置を行うときれいになります。

結論:脇脱毛でワキガになることは無いが、汗が増えることはある

結論としては脇脱毛をすることが直接ワキガの原因になるとは考えにくいです。脱毛をすることでワキ毛が無くなり、臭いの元である雑菌が繁殖しにくくなるからです。

しかし汗腺が刺激されて一時的に汗が増えたり、汗が直接肌を伝うために発汗が増えたように感じたりすることがあります。また毛穴に老廃物が詰まると、臭いを発することがあります。
自分の毛穴を一度観察してみて、詰まっているようなら皮膚科で処置をしてもらいましょう。また気にしすぎると、精神的な緊張で汗が増える精神性発汗が起きることもあるので、あまり気にしすぎないことも大事です。

カミソリやシェーバーの自己処理脱毛ならワキガは大丈夫?

ワキガの原因は体質や生活習慣の乱れなどが主になります。そのため、カミソリやシェーバーで自己処理をすることが、直接ワキガの原因になるとは考えにくいです。ただし清潔でないカミソリやシェーバーを使用すると肌を傷つけてしまったり、雑菌が繁殖したりする原因となりますので注意しましょう。

クリニックの脇脱毛であればワキガは大丈夫なのか?

エステサロンでの脱毛でも述べたように、脱毛を行うことによってワキガになることはありません。逆にワキガに悩む人ほど、医療脱毛を受けるべきだと言えます。その理由をご紹介します。

毛穴にダメージを与えられる

ワキガの臭いの元であるアポクリン汗腺は、脇の毛穴に沿って存在します。医療レーザーは毛穴やアポクリン汗腺自体に直接ダメージを与えることができます。そのため、アポクリン汗腺から出るわき汗を少なくすることができます。

雑菌が繁殖しづらくなる

医療レーザー脱毛を行うと毛穴を引き締める効果があります。またムダ毛が無くなることにより臭いの元である雑菌が繁殖しづらい環境を作ることができます。

結論:ワキガの人には医療レーザー脱毛がオススメ

以上の理由から、ワキガの人ほど医療レーザー脱毛を受けるべきだと言えます。ただし医療レーザー脱毛ではアポクリン汗腺を完全に無くすことはできません。重度のワキガや多汗症で悩んでいる方は、専門の治療を受けるようにしましょう。

除毛クリームやワックスでワキガは大丈夫?

除毛クリームやワックスで行う処理には、毛穴に直接ダメージを与えることはありません。そのためワキガになることは考えにくいといえます。また逆にワキガを軽減する効果も期待できません。
ただし常に脇のムダ毛を処理しておくことにより、臭いが発生しにくい状態にすることができます。

脱毛を受ける前から脇のニオイが気になる場合の対処方法

脱毛を受ける前から脇のニオイが気になる方もいらっしゃると思います。そんな方の対処方法をご紹介します。

相談する

施術を受ける前に、エステサロンや医療機関でカウンセリングを行うのでそちらでワキガについて相談してみましょう。上記のように、脱毛を受けることによって脇のニオイを軽減することが期待できます。ただし効果には個人差があるため、人によっては汗腺が刺激され一時的に汗が増えることも考えられます。そのポイントも含めてしっかりとカウンセリングを受けて悩みを解決しておきましょう。

また施術の前には制汗剤やデオドラント剤などのスプレーやクリームでケアすることはできません。事前に相談することにより、ワキ汗対策やニオイ対策をしていなくても安心して施術を受けることができます。

生活習慣を見直す

脇のニオイは生活習慣の乱れに関係していることがあります。肉類や脂肪分の多い食事をしていたら、魚や野菜の多い食生活に変えて腸内環境を整えてみましょう。またストレスも原因で発汗量が増えると考えられているので、なるべくストレス解消するように心がけましょう。

脱毛後、ワキガになってしまった場合の対策方法

上記の理由から脱毛が原因で直接ワキガになることは考えにくいといえます。ただし、汗が増えたのを気にしてそれがストレスになったり、生活習慣が変わったりした場合、ワキガになってしまうことも考えられます。

ワキガのニオイを抑えるためのクリームなどの商品も市販されていますが、根本的な解決にはなりません。脱毛を受けた医療機関か皮膚科に行って治療を行うことをおすすめします。

治療方法には、塗り薬や飲み薬、ボトックス注射などがあります。また重度の方や、どうしてワキガを完治させたい方は剪除法という手術を行う方法もあります。これは手術により直接アポクリン汗腺を取り除くので、再発する可能性がほとんどありません。

脇脱毛とワキガの関係性についての調査まとめ

脇脱毛が直接ワキガの原因になるという結果は見つけられませんでした。

ワキガは生活習慣の乱れやストレス、遺伝による体質によるところが大きく、脱毛との関係性はあまり無いといえます。

逆に脇脱毛を行うことによってムダ毛が無くなるとニオイの元となる雑菌が繁殖しにくくなるため、ワキガのニオイの軽減になると考えられます。

ただし脱毛を行うことで汗が直接肌を伝わったり、毛穴が詰まったりするとニオイが気になることがあります。気にしすぎるとそのストレスで余計に汗が増えることもあるので、考えすぎないことも重要です。

もしどうしても気になる場合は、施術を受けた医療機関か皮膚科を受診しましょう。