エステサロンの脇脱毛でワキガになる?治る?二つの噂のどちらが正しいのか?の詳細

> エステサロンの脇脱毛でワキガになる?治る?二つの噂のどちらが正しいのか?

エステサロンの脇脱毛でワキガになる?治る?二つの噂のどちらが正しいのか?

エステサロンの脇脱毛で「ワキガになる」「治る」という2つの噂について検証 

エステサロンで脇脱毛をするとワキガが治る、逆にワキガになってしまう、この両極端の噂はいったいどこからきているのでしょうか。

どちらにせよ、現在ワキガで悩んでいる方や、これからワキ脱毛をしようと思っている方にとっては、かなり気になる問題です。

そこで今回は、この2つの噂について、徹底的に調査していきたいと思います。

ワキガの原因は何?

そもそもワキガ(腋臭)はなぜ発生するのでしょうか。まずはその原因から見ていきましょう。

ワキガはアポクリン腺が原因

私たちの体には、「エクリン腺」と「アポクリン腺」という2種類の汗腺があります。

エクリン腺は全身に分布する汗腺で、ここから出る汗は99%が水分、残りの1%は塩分・アンモニア・尿素でできています。エクリン腺から出る汗は主に体温調節の役割をしています。

一方、アポクリン腺は、ワキの下・外耳道(耳の中)・乳輪・へそ・陰部・肛門など、限られた部位にある汗腺で、タンパク質・脂質・糖質・鉄分・アンモニアを多く含むベタベタとした汗を出します。

もともとアポクリン腺から分泌される汗自体ニオイはありませんが、皮脂や垢などと混ざり合い、これが肌にある常在菌に分解されることで、あの独特のニオイが発生するのです。

エクリン腺から分泌される汗の成分はほとんどが水なのに対し、アポクリン腺には雑菌のエサとなる成分が豊富に含まれていることが、ニオイの原因となっているのです。

アポクリン腺はニオイを出すこと自体が目的

エクリン腺から出る汗は体温調節の働きをしています。では、アポクリン腺から出る汗はどんな働きをしているのでしょうか。

その昔、人間はニオイで仲間か敵かを識別したり、特殊なニオイ(フェロモン)を出すことで異性を引きつけ、種の繁栄をしたりしてきました。そのニオイを出しているのがアポクリン腺です。つまり、アポクリン腺の働きは、ニオイのある物質を作り出すこと自体にあったのです。

人類の進化により、現在はニオイによる識別はほとんど必要なくなりましたが、名残として残っているのがアポクリン腺のニオイです。

ワキガは体質

人間なら誰にでもあるアポクリン腺ですが、人によって数や大きさに違いがあります。ワキガのニオイが強い人は、一般的にアポクリン腺の数が多く、ひとつひとつの粒が大きいという傾向があるのです。

これらは、もともとの体質によるもので、遺伝によるところが大きいです。両親ともにワキガの人の場合は約80%、片方の親の場合は約50%が子どもに遺伝すると言われています。

エステサロンの脇脱毛を受けてワキガが治ったと言われる理由

手術以外で根治することは難しいワキガですが、「エステサロンの脇脱毛を受けると治る」という口コミなどを目にしたことがある方もいるのではないでしょうか。これはどういうことでしょう。

アポクリン腺にダメージを与えるから?

エステサロンの脱毛は、毛根の黒いメラニン色素に反応する光を当てることで、毛母細胞や毛乳頭にダメージを与え、毛が生えないようにするという方法です。

この脱毛の際に使用する光が、ワキガの原因であるアポクリン腺にもある程度のダメージを与え、ニオイの軽減が期待できると考えられているようです。

ただし、この説には科学的な根拠はないので、ワキ脱毛を受けることでワキガが治るというのには、別の理由がありそうです。

脱毛することで雑菌が繁殖しにくい環境になる

ワキガのニオイの原因である皮膚常在菌は、毛根周辺に多く繁殖します。そのため、ワキ毛があると、汗が毛にからみつき、蒸れて菌が繁殖しやすい環境になるのです。

逆に、脱毛をしてムダ毛がなくなれば通気性がよくなるため、アポクリン汗腺から出る汗を分解するための常在菌が繁殖しにくくなります。

ニオイの元となる材料が揃わなければ、ワキガ臭は発生しないわけですから、脱毛や除毛をして雑菌が繁殖しにくい環境を作ることは、ワキガ臭の予防に一定の効果が期待できます。

エステサロンで脇脱毛を受けたからといって、完全にワキガを治すことはできませんが、ニオイを軽減する効果は十分に期待できそうです。

エステサロンの脇脱毛を受けるとワキガになると言われる理由

一方で、エステサロンで脇脱毛を受けると、ワキガになるという情報も耳にします。そんな話を聞くと、サロンで脱毛しようと考えている方は心配になってしまいますよね。

しかし、これは全く根拠のない話です。では、なぜこのようなことが言われるようになったのか、それには以下のような理由があります。

ワキ毛がないことで汗を感じやすくなるから

まず考えられるのが、ワキ毛がなくなったことで脇を伝わる汗を自分で感じやすくなるという理由です。

実際には脱毛をしたからといってワキ汗の分泌量は変わりません。しかし、体感的にたくさん出ているような気がして、臭いや汗染みが気になり、精神的に不安になることによって本当に汗をかいてしまうのです。これを精神性発汗型の多汗症といいます。

焦った時や、ドキドキしたとき、緊張したときなど、精神性発汗が原因で出る汗は、一度にたくさん出る上、濃度が高くベタベタとして乾きにくいという特徴があります。

そのため、ワキの常在菌が繁殖しやすい環境ができ、アポクリン腺から出た汗からニオイが発生してしまうという可能性が考えられます。こういったケースの場合、

汗をかいているのでは?という不安から脇に意識が集中する

その結果、発汗量が増える。

臭いや汗染みが気になる

不安になってさらに汗をかく

といった悪循環になってしまいます。

ワキ脱毛とワキガ臭の出るタイミングが一緒だったから

先ほどもご説明した通り、ワキガは体質によるものです。産まれたときからアポクリン腺の数は決まっているため、脱毛をしたからといって、急にワキガ体質になることはありません。

では、なぜワキ脱毛をしたとたん、ワキガ臭が出るようになったかと言えば、2つ目に考えられるのは、「ワキ脱毛をした時期とワキガ臭の出るタイミングがたまたま一緒だった」ということです。

ワキガ体質の人が、実際にワキガを発症するタイミングには個人差があります。最も多いのは、アポクリン腺の成長が活発になる第二次成長期の9〜13歳頃です。

しかし、人によっては食生活などにより今まで抑えられていたのが、1人暮らしや仕事を始め、生活環境や食生活が変わったタイミングや妊娠を機に発症するということもあり得ます。

また、軽度であったため気がつかなかったのが、脇脱毛をしたことで脇に意識が行くようになり、はじめてワキガだったことに気づいたという事もあります。

いずれにしても、ワキガの原因であるアポクリン汗腺は、脱毛が原因で数が増えたり、大きくなったりすることは決してないので、安心して脱毛サロンに通って下さい。

カミソリやシェーバーの自己処理脱毛ならワキガは大丈夫?

カミソリやシェーバーを使っての自己処理も、ワキガとは何の関係性もありません。

しかし、自己処理の際にワキ周辺の皮膚を傷つけてしまうと、傷口付近に雑菌が繁殖し、ニオイの元ができやすい環境を作ってしまう可能性があります。

手間や仕上がりのキレイさ、衛生面などから考えても、ワキのムダ毛処理は脱毛サロンやクリニックにお任せするのがオススメですが、どうしても自己処理をする場合は、直接カミソリの刃があたって皮膚を傷つけてしまう心配のない、電気シェーバーがおすすめです。

クリニックの脱毛であればワキガは大丈夫なのか?

何度も申し上げているように、ワキガは産まれつきの体質です。ですから、美容皮膚科やクリニックの医療レーザー脱毛が直接的な原因で、ワキガになることも治ることもありません。

ただし、エステ脱毛と同様、脇毛がなくなることで常在菌の繁殖が抑えられ、ニオイが軽減するという可能性は期待できます。

脱毛を受ける前からワキのニオイが気になる方の対処方法

ワキのニオイが気になる人は、「エステティシャンに臭いと思われたらどうしよう…」「ワキガが原因で施術を断れることはないの?」など心配なことも多いでしょう。

まず、サロン側がワキガを原因で施術を断ることはあり得ません。その点は心配しなくても大丈夫です。また、サロンスタッフは、施術中マスクをしているため、ニオイに気づかれないことがほとんどです。

とは言え、やはり気になってしまうという方も多いでしょう。以下の方法を採ることで、ニオイを軽減することができるのでぜひお試し下さい。

サロンに行く前にシャワーを浴びる

睡眠中は意外にたくさん汗をかいています。毎晩シャワーを浴びていたとしても、脱毛サロンに行く当日は、おでかけ前にもシャワーを浴び、雑菌が繁殖する原因を取り除いておきましょう。

ただし熱すぎるお湯は、自律神経の1つである交感神経を刺激し、代謝がよくなって発汗作用が促されてしまいます。シャワーの際は無駄な汗をかかないよう、ぬるめのお湯を使用しましょう。

除菌シートで拭く

出かける前やサロンのトイレ、着替えの際などに、タイミングをみてアルコール除菌シートやウエットティッシュでワキをさっと拭くのも効果的です。

サロンでは脱毛を行うお部屋に案内されたあと、着替えをする間エステティシャンが一旦退室します。施術直前に除菌シートで拭くことで、ニオイはかなり軽減できるでしょう。

パウダー入りシートは使ってはダメ

施術前に除菌シートでワキを拭くことをおすすめしましたが、この時、パウダー入りの汗拭きシートなどは使用してはいけません。

パウダーは毛穴をふさいでしまうため、脱毛器の光が届きにくくなり脱毛効果が下がってしまいます。もちろん、パウダー入りの制汗スプレーもNGです。

同様に、ワキガ対策クリームや汗止め効果のあるクリームも毛穴をふさぐため、施術前には使用できません。

万が一、ワキガになってしまった場合の対処方法

同じ部屋にいるだけで、ニオイが充満するなどワキガの程度が強い場合、根本的に治すためには手術が必要になってきます。ただし多くの方は、ちょっとした工夫をすることで、ワキガを上手に乗り切っています。

ここでは、ワキガになってしまった場合の対処方法をご紹介していきます。ポイントは、

@アポクリン腺から出た汗を雑菌によってニオイの元に変えないこと
Aニオイの元を衣類にとどめないこと
の2点です。

ニオイを抑える

  • ワキ脱毛をしてワキに汗がたまりにくくする
  • こまめに除菌シートで汗をふく
  • デオドラント剤を上手に利用する
  • 出かける前にシャワーを浴びる
  • 消臭効果の高い「ニオイ対策石鹸」を使用する
  • ワキの下の風通しが良くなる、ワキがふんわりとしたラインの服を着る
  • 水がたまりやすいポリエステルではなく、綿などの天然素材の服を着る

衣類につくニオイを抑える

  • 殺菌消臭効果の高い消臭スプレーを衣類にかけておく
  • 汗取りパット(汗わきパット)を使用し、汗をかいたらこまめに取り換える

その他

  • ストレスをためない
  • 食生活において、動物性たんぱく質や脂肪を取りすぎない

まとめ

エステで脇脱毛をすることで、ワキガが治るということはありません。もちろん脇脱毛が原因でワキガになるということも決してありません。

ただし、脇脱毛をすることでワキを清潔にし、雑菌が繁殖しにくい状態にすることは可能です。もしもワキガ体質だったとしても、アポクリン汗腺から出る汗を分解するための常在菌が少なければ、ニオイを抑えることができるからです。

そういった意味では、エステサロンの脇脱毛を受けることは、ワキガ対策として有効と考えられるのです。