ワキ脱毛の効果の詳細

> ワキ脱毛の効果

ワキ脱毛の効果

「脇毛処理ってめんどくさい」女性なら誰でも思うことですよね。せっかく頑張って剃ってもすぐに生えてくるし、うっかり剃り忘れたら電車で吊り革つかめないし…。そろそろ永久脱毛しようかなと考えている方もいるかもしれません。

でも、ワキ脱毛ってどこに通えばいいんだろう、激安のエステ脱毛って大丈夫なの?レーザー脱毛って痛いんでしょ、勧誘はないの?など、色々不安があってなかなか一歩を踏み出せない方も多いのではないでしょうか。

当然ですよね。お金を払って通うのですから、失敗したくないですし、エステや美容クリニックに行ったことがない方は、いったいどんな感じなんだろう…と不安になると思います。

そこで今回は、エステやクリニックでの脱毛方法や効果の違いについて、さらにみなさんが現在行っているであろう脱毛方法についても詳しく調査していきたいと思います。

ツルツルの脇になって、早く毎日の脱毛から解放されたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

効果があるといわれているワキ脱毛方法

どうせ脱毛するなら、効果の高い方法を選びたいと思うのは当然です。では、どの方法なら最も脱毛効果が期待できるのでしょうか。

効果で選ぶならニードル脱毛がナンバー1

ニードル脱毛は、別目「針脱毛」とも呼ばれています。毛穴に針を刺し、その針に電気を流すことで、毛の根っこの部分である「毛乳頭」と、毛乳頭周辺の細胞組織である「毛母細胞」を破壊する方法です。毛を作る元を破壊するため、半永久的に毛が生えてこなくなります。

またニードル脱毛は、剛毛女子の毛でも細い産毛でも、どんな毛質でも関係なくしっかり処理できるというメリットがあります。

ただしニードル脱毛はデメリットも多い

エステの光脱毛やクリニックのレーザー脱毛が今のように一般的になる前までは、このニードル脱毛が主流でした。しかし、ご想像どおり、かなり痛みを伴う方法なので、我慢できずに途中で断念してしまう方も多かったようです。

施術は毛穴1本1本に対して行うため、かなり時間がかかります。また、1本いくら、何分いくらといった料金設定であるために、毛量が多い方は施術料金がかさんでしまうという問題もあります。

今、最も支持され効果が期待できるのは医療レーザー脱毛

現在ニードル脱毛に代わり支持されているのが、美容クリニックなどの医療機関で受けられるレーザー脱毛です。

毛根の黒いメラニン色素にのみ反応するレーザーを肌に当て、毛乳頭や毛母細胞を破壊するという方法です。ニードルのような痛みはなく、毛の再生もほとんどないため、利用者の満足度も非常に高い脱毛方法です。

※参考⇒ 医療レーザー脱毛でワキ脱毛について

効果がないといわれているワキ脱毛方法

では、反対に効果がないと言われている脱毛方法とは何でしょうか。

自己処理による脱毛は全て一時的なもの

毛抜きで抜く、カミソリや電気シェーバーで剃るなどの方法は、皮膚の表面に出ている毛を処理するだけなので、何度行っても毛がなくなるわけではありません。

同じように脱毛クリームも、肌表面に出ている毛を溶かして除毛しているため、時間が経てばまた生えてきます。

毛にワックスを塗り、シートを貼って剥がすブラジリアンワックスは「繰り返し行うことでムダ毛が少なくなる」とうたっているメーカーもあります。たしかに、毛根ごと抜き取るので、次の毛が生えるまでに多少時間はかかりますが、毛乳頭は残るため、1〜2週間後には必ずまた生えてきます。

つまり、自己処理による脱毛は、今生えている毛を一時的に取り除くだけなので、どのお手入れ方法でも永久脱毛の効果はないということになります。

※参考⇒ 自己処理によるワキ脱毛

自己処理は肌トラブルを引き起こす原因にも

自己処理によるムダ毛処理は、肌トラブルの原因にもなります。

例えば、毛抜きを使い続けていると、ぷつぷつと毛穴が目立ったり、毛が皮膚の中に潜り込んで埋没毛になったり、毛穴に菌が入って毛嚢炎になることがあります。

また、カミソリでのシェービングを続けると、肌を傷つけたり、黒ずみや色素沈着を起こしてしまう可能性もありますし、敏感肌の方が脱毛クリームを使用すると、赤みや痒みなどを伴った肌荒れを起こすこともあるのです。

※参考⇒ ワキ脱毛の色々な失敗原因と対処方法

家庭用脱毛器も効果は低い

エステの光脱毛やクリニックのレーザー脱毛と同等のムダ毛ケアが、家庭で手軽に行えるという家庭用脱毛器。肌に光を照射して毛乳頭にダメージを与え、繰り返し行うことで徐々にムダ毛を生えにくくするという仕組みです。

「予約も店舗に通う必要もないし、エステティシャンに剛毛な脇を見られる心配もないなら良いかも」と思われる方もいるかもしれませんね。事実、美容マニアの女性からは密かに人気を集めている方法でもあります。

しかし、家庭用脱毛器は当然、一般の方が家庭で安全に使用できるように作られているため、照射出力がかなり抑えられています。そのため、脱毛効果が現れるまでには数年単位の時間がかかるようです。

また、価格も安いものでも2〜3万円、高いもので7万円前後とかなり高額です。コスパの面から考えてもあまりオススメとは言えません。

ワキ脱毛の効果を下げてしまうのでやってはいけないこと

クリニックのレーザー脱毛やエステの光脱毛を行っている間、決してやってはいけないことがあります。それは、「日焼け」と「毛抜きでの処理」です。万が一行ってしまうと、せっかくの脱毛効果が下がってしまうので注意が必要です。

日焼けは脱毛効果を下げるだけでなくトラブルの原因にも

エステやクリニックで行っているのは、黒色のメラニン色素に反応する光やレーザーを照射することで、毛根に熱エネルギーを吸収させて破壊するという方法です。

そのため、日焼けをすると光やレーザーが肌の色に反応してしまい、エネルギーが拡散して毛根まで届かなくなってしまいます。その結果、肝心の毛根が破壊できず、脱毛効果が弱くなってしまうというわけです。

また、肌の色にレーザーの光が反応するため、ヤケドのリスクが高まり、施術中の痛みも感じやすくなります。

ワキ脱毛中の毛抜き処理は絶対NG!

光脱毛やレーザー脱毛は、毛根の先端にある「毛乳頭」や毛乳頭周辺の「毛母細胞」を破壊することで毛が生えないようにする、という仕組みは先ほどもご説明しました。

そしてこれができるのは、光やレーザーが毛根部分のメラニン色素に反応するからです。毛抜きで毛根ごと抜いてしまうと、一時的に毛根のメラニン色素がなくなるので、その状態で脱毛の施術を受けてもレーザーは反応せず効果は出ません。

また、毛を抜いてしまうと毛周期が崩れるため、施術を受けるために適切なサイクルも分からなくなってしまいます。

脱毛期間中に自己処理をする場合は、毛根に影響しないシェーバーを使用しましょう。

脇毛の脱毛効果を得るのに必要な回数と通う頻度

自己処理が必要なくなるまでの回数や期間、通う頻度は、脱毛方法によって大きく異なります。

最も回数が少なく、早く脱毛が完了するのはクリニックのレーザー脱毛で、エステサロンの半分〜1/3ほどの期間で終了します。

レーザー脱毛は、エステサロンで使用している光脱毛のマシンに比べて照射パワーが強いため、より短期間で毛根にダメージを与えることができるからです。

一方、エステサロンでは、医療行為にあたるような強い照射は禁止されているため、どうしても回数も期間も多くかかってしまいます。

ニードル脱毛は、1本1本毛を処理するため時間がかかりますが、範囲の狭いワキの場合は1年ほどで終わることもあります。ニードル脱毛は、毛量によって施術回数や期間が左右されると言えます。

ワキ脱毛に必要な回数や頻度

脱毛方法 施術できる場所 完了までの回数 通う期間 通う頻度
光脱毛/フラッシュ脱毛 エステサロン 12〜15回 2〜3年 2〜3ヶ月に1回
レーザー脱毛 美容皮膚科/脱毛クリニック 5〜6回 約1年 2ヶ月に1回
ニードル脱毛 美容皮膚科/脱毛クリニック 8回ほど 1〜1年半 2ヶ月に1回

脇毛の脱毛効果が持続するのはどれぐらい?

光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛のいずれも、厳密に言えば「永久脱毛」ではありません。というのも、永久脱毛とは「一生毛が生えてこない脱毛法」ではなく、「高い減毛率を長期間維持できる脱毛法」だからです。

AEA(米国電気脱毛協会)では、脱毛の施術を完了してから1ヶ月後の毛の再生率20%以下である場合を永久脱毛と呼んでいます。

そんなことを聞くと、せっかく脱毛してもまたすぐに生えてくるんじゃ?と思う方もいるでしょうが、そこはそれほど心配しなくても大丈夫です。

特に、毛が生える元である毛乳頭や毛母細胞を破壊するレーザー脱毛やニードル脱毛の場合、しっかりと最後まで脱毛を完了させれば、十数年経過後も全く毛が生えてこないという声がほとんどです。

エステサロンの光脱毛は、レーザー脱毛に比べて照射パワーが弱いため、一時的にダメージを受けていた毛根から、数年後に再び毛が生えてくることも少なからずあるようです。

ただし、この場合も、脱毛前のような硬く太い毛がたくさん生えるわけではなく、産毛のような細い毛がところどころ生える程度です。

結論としては、光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛のいずれの方法でもきちんと通って脱毛を完了させれば、脱毛効果は半永久的に持続します。しかし、脱毛を途中で止めたり中断したりしてしまった場合はこの限りではありません。

ワキ脱毛のお試し体験コース1回だけでも効果はあるのか?

毛には、成長期、退行期、休止期という毛周期があり、光やレーザー脱毛の効果があるのは、今まさに生えている成長期の毛のみです。退行期の毛や、生える準備をしている毛にはほとんど反応しないため、1度体験コースを受けたからといって毛の処理がいらなくなるような効果は得られません。

ただ、レーザー脱毛やニードル脱毛の場合、現在成長期の毛乳頭や毛母細胞には確実にダメージを与えることができるため、1回の施術で一定量の毛を減らすことは可能です。

一方、エステの光脱毛は、レーザー脱毛ほどの威力はないため、毛乳頭にダメージを与えるためには複数回の照射が必要です。体験コース1回だけでは効果を実感することはないでしょう。

※参考⇒ エステサロンのワキ脱毛お試し体験コースについて

ワキ脱毛は男性でも効果があるのか?女性との違いは何?

女性でも男性でも毛が生える仕組みは同じです。ですから、男性でも光脱毛やレーザー脱毛による効果は、女性と同じようにあります。

男性は脇毛が生えている範囲が女性よりも広いですが、光やレーザーを照射するタイプの脱毛方法であれば、施術時間も女性とほとんど変わりありません。

1本1本の毛に針を刺すニードル脱毛の場合は、毛量が多いほど、また範囲が広いほど時間とお金がかかることは、先ほどもご説明したとおりです。

最近は、脇のニオイ防止や、Tシャツからはみ出す毛をなんとかしたい、ジムに通っているので見た目を清潔にしたい、などという思いから、脇毛の脱毛や減毛を希望する男性も増えてきています。また、脇毛を処理したらすごく快適になったという口コミ評判を見て、ワキ脱毛に興味を持ち始める男性も少なくないようです。

現在は、男性向けの脱毛サロンやクリニックはそれほど多くないですが、以前に比べるとかなり増えてきています。

※参考⇒ 男性のワキ脱毛について

医療脱毛とエステ脱毛のどちらの方がワキ脱毛効果が高い?

脱毛効果で言えば、間違いなく医療脱毛です。マシンの照射パワーがエステサロンのものよりはるかに強いため、毛を成長させる元である毛乳頭や毛母細胞に1回1回の施術でしっかりダメージを与えることができるからです。

エステの光脱毛は照射パワーが弱いため、毛が生えなくなるほどのダメージを与えるためにはかなりの回数を重ねる必要があります。

効果を求める方におすすめのワキ脱毛ランキング

1位 レーザー脱毛

効果を求めるなら、約1年という短期間で脱毛が完了し、その後、新たに毛が生えてくる心配もほとんどないレーザー脱毛がおすすめです。

以前はレーザー脱毛と言えば料金が高いことがネックでしたが、最近は数千円〜20,000円ほどあれば、追加料金なしでワキ脱毛が完了するクリニックも多く、時間・お金・効果を総合的に考えてもダントツでおすすめできます。

※参考⇒ 医療レーザー脱毛でワキ脱毛

2位 光脱毛(フラッシュ脱毛)

レーザー脱毛に比べて照射パワーが弱いため、脱毛完了までには2〜3年ほどと、かなり長い期間が必要です。ただ、ミュゼプラチナムジェイエステのように数百円という破格の料金で通えるサロンも多数あるので、「時間がかかってもいいから、できるだけ安く脱毛したい」という方にはおすすめです。

3位 ニードル脱毛

効果だけで考えれば最もおすすめできるニードル脱毛ですが、痛みが伴うのが大きなデメリットと言えます。針を刺す時のチクッとした痛みと、電気を流すときのピリっとした痛みの両方が毛穴の数だけ続くわけですから、かなりの覚悟が必要です。

料金も10万円前後かかるため、脱毛効果の高いレーザー脱毛が主流の今、あえてニードル脱毛を選ぶメリットはあまり感じられないでしょう。

まとめ

以上、さまざまなワキ脱毛の方法や効果について調査してきましたがいかがでしたか。

できるだけ早く、自己処理から解放されたいという方であれば、断然クリニックのレーザー脱毛がおすすめです。

もちろん、エステ脱毛も時間はかかりますが、きちんと通えば将来的にはお手入れいらずの脇になることができます。

いずれにしても、いつかは永久脱毛をしてみたいな〜と思っているなら、1日でも早く始めることをおすすめします。

今までワキ毛処理をしていた時間や、処理を忘れて1日中ヒヤヒヤ過ごした日々が思い出せなくなるほど快適な生活を送れるようになりますよ。