生理中の脇脱毛ってどうなの?の詳細

> 生理中の脇脱毛ってどうなの?

生理中の脇脱毛ってどうなの?

脱毛を行っているエステサロンや病院では、多くの場所で予約制となっています。ですが、女性の場合は予約日と生理日が重なってしまうともありますよね。

生理の期間中でも施術が可能なサロンと、施術不可のサロンがありますが、どこも生理中の施術は出来れば避けた方が良いとされています。

それは何故なのでしょうか。今回の記事ではその理由とキャンセル料などについてご紹介します。

生理中の脇脱毛がおすすめできない理由は?

生理中でも脇脱毛などデリケートゾーンのVIO以外の部位であれば施術可能となっているサロンもあります。しかしいずれの施術箇所も生理中の脱毛はおすすめできないとされています。その理由が以下になります。

肌の状態がデリケートなため

生理中の肌はホルモンバランスが不安定になっているため、とてもデリケートな状態です。通常の状態よりも乾燥しやすく敏感になっているため脱毛の影響を受けやすく、肌荒れや赤みなどの肌の炎症などダメージが起きやすくなっています。また照射時の痛みもいつもより感じやすくなっているとされます。そのため、生理中はVIOライン以外の部分でも施術を避けた方が良いでしょう。

ストレスを感じやすい

上記の理由から敏感肌になっているため、痛みを感じやすくなっています。また生理中は体調が優れない方も多いでしょう。

そのためいつもよりストレスを感じやすくなっています。ストレスはホルモンバランスを崩すなど、肌だけでなく身体にとって良くない事ばかりです。余計なストレスを感じないためにも、生理中の施術は避けた方が良いでしょう。

生理前と生理後のどちらのタイミング脇脱毛するのがおすすめ?

それでは生理前と生理後ではどちらのタイミングがおすすめなのでしょうか。

ベストは生理後1週間

生理前と生理後だと、生理後の方がおすすめです。理由はこの時期が最も肌の状態が安定しているからです。この時期は肌の水分量が多くなっているため、肌トラブルのリスクも少なくなっています。

また肌の水分量が多いことでレーザーの光が浸透しやすくなり、脱毛効果が高くなるとされています。中には肌の水分量を計測し、少ないと施術を行わないサロンもあるようです。ただし生理直後はまだ肌が敏感になっている場合があるので、ベストは生理後1週間となります。

生理前はホルモンバランスが不安定

生理一週間前から黄体ホルモンの分泌量が増え、女性ホルモンのバランスが乱れる関係から、体調に変化が起きやすい時期になります。PMS(月経前症候群)などもあり、身体的にも精神的にもつらい時期となっています。

特に肌は水分量が少なくなり肌のバリア機能が低下しているため注意が必要です。その状態で脱毛を受けると普段より脱毛レーザーの刺激が強く感じることがあります。そして毛嚢炎などの肌トラブルが起きてしまう可能性があります。

そのため特に生理の1週間前〜前日までは施術を避けた方が無難でしょう。

予定外のタイミングで生理が来た場合、脱毛サロンや医療クリニックの直前キャンセルは可能なのか?

予定日と大きくタイミングがずれて生理がきてしまうこともありますよね。その場合、サロンやクリニックでの予約キャンセルは可能なのでしょうか。各サロンによって対応が違いますので、大手サロンとクリニックの対応をまとめてみました。

脱毛サロン・クリニック 生理中の施術可否 キャンセル キャンセル料
ミュゼプラチナム VIO・お尻以外は可能 お手入れ開始時間の24時間前まで 無し
エピレ VIO・お尻以外は可能 決まり無し(出来るだけ早めに) 無し
銀座カラー VIO・お尻以外は可能 予約日の前日19時まで 有り(コースによって異なる)
キレイモ VIO・お尻以外は可能 前日まで
(月額プランは予約変更・キャンセル不可)
有り
(プランによって異なる)
リゼクリニック VIO・お尻以外は可能 基本予約日の2日前の20時まで
それ以降もキャンセルは可能(要連絡)
無し
アリシアクリニック VIO・お尻以外は可能 前日まで(当日でも可能) 無し

キャンセルの連絡方法やキャンセル料についてはクリニックやサロンごとによって違いがあります。予約を直前変更できるサロン店もあれば、無断キャンセル時にはペナルティのあるサロン店もあります。契約する前に必ずカウンセリング時にスタッフへ事前確認するようにしましょう。

また同じサロンでも契約コースによってキャンセル料に違いがある場合があるので注意が必要です。

このことから月経周期が不安定な人はキャンセル料なしのサロンやクリニックを選ぶのも1つの手段と言えます。

生理不順による直前キャンセルでキャンセル料金が取られるサロンとクリニック

当日キャンセルでキャンセル料がかかるサロンは以下になります。

銀座カラー

当日キャンセルの場合は、コースの1回分を消化。脱毛し放題コースの場合は2,000円のキャンセル料がかかります。

キレイモ

月額制コースの場合、施術日変更やキャンセルができません。そのためキャンセルしたとしても1回分の料金がかかってしまいます。

回数パックの場合、当日キャンセルを行うと1回分の回数を消化したことになります。返金はありません。

湘南美容外科

予約日の前々日23時以降のキャンセルは3,000円必要となります。

生理不順による直前キャンセルでキャンセル料金が取られない安心のサロンとクリニック

キャンセル連絡が当日になってもキャンセル料がかからないサロンは以下になります。

ミュゼプラチナム

キャンセル料はありません。ただし当日キャンセルの場合はコースの1回分を消化したこととなり解約時の返金対象にはなりません。ただ回数保証制度があるため、施術自体は受けることができます。

エピレ

当日キャンセルが可能で、キャンセル料もかかりません。ただし予約時間を過ぎてからのキャンセルは、キャンセル料が発生します。

リゼクリニック

予約日の2日前、20時までに電話かメールでのキャンセルが推奨されています。当日でもキャンセルは可能で、キャンセル料は発生しません。ただし無断でキャンセルを行った場合は、コースの回数が1回分消化される場合があります。

アリシアクリニック

当日でもキャンセル料はかかりません。別に日の予約を取り直す事が可能です。

生理中の脇脱毛がおすすめできない理由についての調査まとめ

生理中でも基本的にはVIO・お尻以外の施術は受けることが可能です。

しかし生理中はホルモンバランスの乱れなどから、普段より肌状態が敏感になっています。そのため思わぬ肌トラブルが発生してしまう可能性があります。また肌の水分状態が不足していることから、レーザーの効果も薄くなってしまうことが考えられます。

生理中に施術を受けてトラブルが起こったとしても、自己責任というお店もあります。早くツルツルな肌を手に入れたいという気持ちはわかりますが、安全性を考えると生理中は脇脱毛であっても避けた方が良いでしょう。

生理周期が不安定な方は、キャンセル料無料のサロンやクリニックで脱毛を行うのがおすすめです。キャンセル方法やキャンセル料などは、カウンセリング時に必ず確認して説明を聞いておきましょう。